トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXがギャンブルじゃない理由は?経済学のゲーム理論から考えた

f:id:yukihiro0201:20151102155231j:plain

 

よく「FXトレードってギャンブルでしょ??」と言われますが、それは間違いです!!

その理由をトレードの起源や、経済学のゲーム理論から読み解いていきましょう。

 

 

トレードは事業として始まった

 

f:id:yukihiro0201:20190113093349p:plain

 

もともとトレードは、証券会社が継続的な収入を得るために始められた事業です!!

 

その昔、証券会社は収益が安定しませんでした。

株価が上がっているときはみんな活発に株を売買するので、仲介手数料がたくさん入りますが・・・

株が下がり調子のときはみんな取引をひかえるので、手数料収入が落ち込みます。

 

その落ち込んだ収益をカバーするために考え出されたのが、トレードです!!

どんな相場環境でも収益を上げることができるトレードは、証券会社の重要な収益の柱となりました。

 

経済学のゲーム理論で考える

 

f:id:yukihiro0201:20190113093520p:plain

 

経済学の中に、「ゲーム理論」という考え方があります。

それによると、世の中にあるお金の取引は以下の3つに分類されるとのこと。

 

【プラスサム】

参加者全員の利益の合計がプラスになる

例)長期の株式投資・銀行預金

 

【ゼロサム】

参加者全員の利益の合計がゼロになる

例)FX・短期の株式トレード

 

【マイナスサム】

参加者全員の利益の合計がマイナスになる

例)パチンコ・競馬・宝くじ

 

基本的にギャンブルは、マイナスサムに分類されるものを言います!!

胴元がいて、その取り分だけは確実にマイナスになる仕組みです。

 

それに対し、FXはゼロサムとなります。

取引を仲介するFX会社や銀行はあっても、おおもとの為替相場に胴元はいません。

 

FX会社が取る手数料(スプレッド)を考えると、参加者全員の利益はわずかにマイナスですが・・・

その割合はかなり小さいので、ほぼゼロサムとみなして良いでしょう。

 

経済学のゲーム理論で考えても、FXはギャンブルの分類には入らないのです!!

 

なぜギャンブルと言われるのか

 

ではなぜ、「FXトレードはギャンブル」と言われてしまうのでしょうか??

それは、以下のような取引をする人が多いからです!!

 

1.大儲けを狙って取引する

 

f:id:yukihiro0201:20181230235056p:plain

 

FXトレードですぐに大金を稼ごうとすると、どうしても無理しなければいけません。

レバレッジを限界までかけて、一か八かの勝負に出たり・・・

相場が動かないときでも、強引に仕掛けていく必要があるのです。

 

こうなるともう、FXトレードのリスク管理や優位性などは関係ありません。

それはFXトレードではなく、ただのギャンブルです!!

参考:億トレーダー目指すな!月10万円FXで楽しみながら億万長者になる方法

 

2. 感情に任せて取引する

 

f:id:yukihiro0201:20190113111658p:plain

 

FXトレードは、欲や恐怖といった「感情」が一番の敵になります。

欲を出すと、負けた分を取り返そうとムチャなトレードをしがちです。

また恐怖を感じると、ルール通りにエントリーや損切りをできなくなります。

 

このように感情に任せて取引する人は、ベテラントレーダーの良いえじきです。

参考:これが相場の原理原則!投資家心理を利用したFXトレードとは?

したがって負けることが多くなり、これまたギャンブルと化します。

 

3.勘だけを頼りに取引する

 

f:id:yukihiro0201:20181219163303p:plain

 

FXトレードのイロハをよく知らないまま、自分の勘だけを頼りに取引する人がいます。

こういう人は価格が上がるか下がるかを、根拠なしにただ選ぶだけです。

これはつまるところ、「丁か半か」を選ぶ博打とさほど変わりません。

 

これだとよほど運が良くない限り、稼ぎ続けることは不可能です。

しっかりと優位性のある手法を使わないと、継続的に勝つことはできません。

参考:FXで優位性(エッジ)のある手法って何?それは根拠を重ねること

 

ギャンブルにしないために

 

f:id:yukihiro0201:20151102155231j:plain

 

ではFXトレードをギャンブルにしないためには、どうしたら良いのでしょうか??

それは、ちゃんとしたトレードルールを組み立てることです!! 

 

まず最初に、自分に合ったトレードスタイルを見つけ出します。

参考:FX初心者が自分に適したトレードスタイルを見つける方法3つ

 

そして書籍などを通じて、実際のトレード手法を学ぶのです。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍12選

 

それを過去チャートやデモトレードを使って、検証していきましょう。

参考:大切なのは勝率と損益率の2つだけ!FX手法の正しい検証方法は?

 

こういった手順をちゃんと踏めば、ギャンブルではないFXトレードができるようになります。

なかなか時間がなくて、一から手順を進めていくのが難しいという方は・・・

あらかじめトレードルールがプログラミングされている、自動売買を使うのも手でしょう。

 

参考:弱点のないFX自動売買とは?100万円入れてフルオートを検証した

参考:トライオートFXの評判が良い?100万円投入し実績を検証してみた

参考:トラッキングトレードの評判が良い?100万円投入して実績を検証

 

いずれにせよ、しっかりとしたトレードルールを持つことで・・・

大儲け・感情・勘といったギャンブル性を、FXトレードから排除できるのです!!


商売はすべてギャンブル

 

f:id:yukihiro0201:20190113101557j:plain

 

それでも、「FXトレードはギャンブルだ」と言う方へ。

この世の商売は、すべてギャンブルみたいなものですよ!!

 

たとえば、自分の働いている会社が新商品を出すとしましょう。

売れるかどうかは、実際に販売してみるまで誰にも分かりません。

 

ヒットすれば大きな利益となりますが、コケれば多額の損失です。

そのヒットする確率を少しでも上げるために、商品開発やマーケティングなどを一生懸命に行うのでしょう。 

 

FXトレードも、これとまったく同じです!!

100%確実に利食いで終わるFXトレードなんて、誰にも分かりません。

それでも利益で終わる取引を少しでも増やすため、手法やリスク管理の研究に全力を注ぐのです。

 

まとめ

 

FXトレードは、ギャンブルではありません!!

その成り立ちや経済学のゲーム理論を考えると、それがよく分かります。

それでもFXトレードがギャンブルと言われるのは、大儲けを狙って感情のおもむくままに勘で取引する人が多いからです。

 

FXでよく読まれている記事3つ