トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXのピラミッディング手法とは?最適なやり方や買い増し回数

f:id:yukihiro0201:20190518172414j:plain


FXトレードのピラミッディングとは、いったいどのような手法なのでしょうか??

最適なやり方や買い増し回数について、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

 

 

ピラミッディングとは

 

f:id:yukihiro0201:20190519000923j:plain

 

ピラミッディングとは、自分の思惑の方向へ価格が伸びたときにポジションを増やす手法です!!

まるでピラミッドのように、ドンドンとポジションを積み増していくことを言います。

これによって当初より、何倍も利益を増やすことが可能です。

 

たとえば1ドル100円のとき、ドル円を1万通貨だけ買ったとしましょう。

このとき、利食い目標を105円とします。

 

もちろんそのまま1万通貨を持ち続け、105円になるのを待っても良いです。

しかし1円上がるごとに、1万通貨づつポジションを追加していったらどうなるでしょうか??

 

f:id:yukihiro0201:20190519011233j:plain

 

ただ1万通貨を持ち続けた場合、利益は+5万円となるのに対し・・・

1円上がるごとに1万通貨ずつ追加した場合は、なんと+15万円にもなります。

同じ期間・同じ値幅で、なんと3倍も収益に差が出たのです!!

 

これが、ピラミッディング手法の強さと言えます。

 

有名トレーダーが使う手法

 

f:id:yukihiro0201:20150206160120j:plain

 

このピラミッディング手法は、有名トレーダーが好んでよく使う方法です!!

以下に、いくつか紹介しましょう。

 

ウィリアム・ギャン

 

 

「テクニカル分析の始祖」と呼ばれている人物です。

ピラミッディング手法は、彼が最初に世の中へ発表しました。

彼はピラミッディングについて、以下のように言っていますよ。

 

ピラミッディングのタイミング

買い増し:上値抵抗線を上回ってから

売り増し:下値抵抗線を上回ってから

 

ピラミッディングの銘柄選択

買い増し:強い上昇トレンドの銘柄

売り増し:強い下降トレンドの銘柄

 

ジェシー・リバモア

 

 

「20世紀を代表する相場師」と呼ばれている人物です。

彼はピラミッディング手法によって、世界恐慌時に4000億円という大金を稼ぎました!!

彼はピラミッディングについて、以下のように言っていますよ。

 

私がやっているのは厳密にはピラミッディングではない

トレンドを見ながらの分散投資だ

最初は小さく買い進め、確信が持てるにしたがって玉を増やす

 

ウィリアム・オニール

 

 

「成長株投資の第一人者」と呼ばれている人物です。

世界一の投資家ウォーレン・バフェットと同世代で、「バリュー投資のバフェット」に対し「グロース投資のオニール」と言われます。

彼はピラミッディングについて、以下のように言っていますよ。

 

リバモアの本を読んでピラミッディングを始めた

買った後2~3%上昇するたびに買い増す

ピラミッディングとは逆のナンピンはやるべきでない

 

タートルズ

 

 

「伝説のトレーダー集団」と呼ばれているグループです。

トレード未経験のメンバーが次々と巨額の利益を上げ、業界に旋風を巻き起こしました。

そのメンバーはピラミッディングについて、以下のように言っていますよ。

 

タートルズは失敗トレードを素早く損切る

しかしトレンドが出ると最大4つまでポジションを積み増す

なので勝率は悪いが驚異のリスクリワード比率で利益が出る

 

その他

 

また著書では確認できなかったものの、以下のような方々もピラミッディングの使い手と言われています。

 

・「イングランド銀行をつぶした男」ジョージ・ソロス

・「日本一の投資家」cis

 

歴史に名を残すような大相場師はいずれも、ピラミッディングによって大きく資産を増やしているのです。

 

ピラミッディングのやり方

 

ピラミッディングには、以下3つのやり方があります。

 

1. 三角形型(リスク低)

 

f:id:yukihiro0201:20190520193619j:plain


1回目:10,000通貨

2回目:5,000通貨

3回目:2,500通貨

 

上の例のように、買い増すごとに注文量を半分にしていきます。

平均購入単価を極端に上げずに済むので、マイナスに転じにくいです。

ピラミッディング手法の中では最もリスクが低く、取り組みやすい方法でしょう。

 

2. 長方形型(リスク中)

 

f:id:yukihiro0201:20190520194820j:plain

 

1回目:10,000通貨

2回目:10,000通貨

3回目:10,000通貨

 

上の例のように、毎回おなじ数量ずつ買い増していきます。

ポジション量が同じなので分かりやすく、リスクの計算もしやすいです。

上の三角形型よりリスクは高いですが、下の逆三角形型よりリスクは低くなります。


3. 逆三角形型(リスク大)

 

f:id:yukihiro0201:20190520195544j:plain

 

1回目:10,000通貨

2回目:20,000通貨

3回目:30,000通貨

 

上の例のように、買い増すごとに注文量を増やしていきます。

当たればかなり大きく稼げますが、少しの逆行で含み損に転落する可能性アリです。

ピラミッディング手法の中で最もリスクが高く、上級者でも扱いが難しいでしょう。

 

おすすめは長方形型

 

f:id:yukihiro0201:20190428232139p:plain

 

僕は個人的に長方形型を使っており、この方法をおすすめします!!

なぜなら三角形型より稼げて逆三角形型よりリスクが低い、良いとこ取りのやり方だからです。

 

またシンプルで分かりやすいというのも、ポイント高いですね。

参考:FX手法のトレードルールをもっとシンプルに考えるべき理由3つ

 

ちなみに僕がピラミッディングを使うのは、「イマイチ確信が持てないとき」です!!

 

エントリーできそうなんだけど、相場の形があまり良くないときなど・・・

僕はとりあえず、いつもの半分のポジションでエントリーしてみます。

そして実際に思惑の方向へ進めば、さらにもう半分を積み増すといった感じです。

 

上記のようにすれば、ピラミッディングは「攻め」だけでなく「守り」にも使えますよ!!

 

買い増しは3回まで

 

f:id:yukihiro0201:20190502192238p:plain

 

どのやり方であれ、ピラミッディングでの買い増しは3回までにすべきです!!

それ以上の買い増しは、イタズラにリスクを引き上げることになります。

上記のタートルズも、「定量で3回まで」というトレードルールを徹底していました。

 

「リスク管理を徹底したうえで、何度もポジションを積み増せる」

そう言う人はそもそも、当初のポジション量が小さすぎる可能性が高いです。

 

最初に取ったポジションが小さすぎると、思惑の方向に伸びてもあまり利が伸びません。

したがって何度も買い増し、ポジション量を大きくしていく必要があるでしょう。

しかし買い増すごとに平均取得価格は上がってしまうため、不利なFXトレードとなりがちです。

 

またピラミッディングは、いつも最適に行えるわけではありません。

値段が急激に伸びた結果、思ったところで積み増しができないこともあります。

するとやはり、大きな機会損失となってしまうのです。

 

何度も買い増すことを前提とせず、最初からある程度は大きいポジションを取りましょう!!

そしてピラミッディングは、多くても3回までとすべきです。

 

まとめ

 

ピラミッディングとは、自分の思惑の方向へ価格が伸びたときにポジションを増やす手法です。

三角形型・長方形型・逆三角形型とありますが、僕は個人的に長方形型をおすすめします。

またどのやり方であれ、ピラミッディングでの買い増しは3回までとしましょう。

 

FXでよく読まれている記事3つ