トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析どちらが良いか?

f:id:yukihiro0201:20180604180339j:plain

 

「テクニカルとファンダメンタルズどっちを使うべき」と、疑問に思っている方へ。

FXトレードではどちらを使うべきか、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

また具体的にどうやって使うかについても、あわせて解説しましょう。

 

 

動画での解説はこちら

 

 

どちらが良いか

 

f:id:yukihiro0201:20180605000542j:plain

 

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どちらが優れているかでよく口論が起こります!!

テクニカル派が「すべての情報を反映した結果が現在の価格なのだから、チャートを見ればすべてが分かる」と言えば・・・

ファンダメンタルズ派は「相場の動きは短期的にはランダムなのだから、チャート分析はただの占いだ」と反論するのです。

 

そんな仲の悪い両者ですが・・・

僕はこの両方を使っていくことが、長期的なFXトレードの成功に欠かせないと考えています!!

なぜなら以下のように、これらにはそれぞれ得意分野があるからです。

 

テクニカル分析:売買のタイミングを図る

ファンダメンタルズ分析:長期的な方向を知る

 

なので「どちらか一方を使う」とするより、「それぞれの特徴を生かす」とした方が良いですよ。

 

テクニカル分析とは

 

f:id:yukihiro0201:20180604205440p:plain

 

テクニカル分析とは、チャートから将来の値動きを予測する方法です!!

価格や出来高などをグラフに落とし込み、過去のパターンと見比べながら取引します。

 

テクニカル分析は、大きく以下の3つに分かれます!!

 

・チャート系

・トレンド系

・オシレーター系

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

チャート系

 

ローソク足の形や並びを分析する

 

・トレンドライン

・チャートパターン

・坂田五法

 

トレンド系

 

値動きの方向や強さを分析する

 

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・一目均衡表

 

オシレーター系

 

買われ過ぎや売られ過ぎを分析する

 

・RSI

・ストキャスティクス

・MACD

ファンダメンタルズ分析とは

 

f:id:yukihiro0201:20180604211842p:plain

 

ファンダメンタルズ分析とは、ニュースから将来の値動きを予測する方法です!!

日々流れてくる様々な情報から、今後の経済の行方を先読みして取引します。

 

ファンダメンタルズ分析は、大きく以下の3つに分かれます。

 

・経済指標

・要人発言

・その他

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

経済指標

 

各国から発表される統計数字を分析する

 

・GDP

・物価上昇率

・失業率

 

要人発言

 

経済に影響を与える人の発言を分析する

 

・首相や大統領

・財務大臣

・中央銀行総裁

 

その他

 

経済に影響を与える出来事を分析する

 

・株価

・金利

・選挙

 

 

どうやって両方を使うか

 

f:id:yukihiro0201:20180605004117p:plain

 

たとえば僕のような短期FXトレーダーは、テクニカル派が多いでしょう。

短期売買は市場の偏り(かたより)やノイズを、タイミング良く取っていく取引です。

 

そういった偏りやノイズは、チャートの形を分析することで発見できます。

ニュースをいくら追いかけても、それらを見つけることはできません。

 

では短期FXトレーダーは、ファンダメンタルズ分析なんて必要ないかというと・・・

これが、意外と使えるんですよね~笑

 

たとえばドル円のレンジブレイクで、買いエントリーを狙っているとき・・・

日銀総裁が新たな金融緩和策を発表して、それをキッカケにブレイクしたら安心して乗っていけます。

なぜならテクニカルの根拠(レンジブレイク)の上に、ファンダメンタルズの根拠(新たな金融緩和)が加わるから!!

 

市場の大きな方向性を決めるのは、やっぱりファンダメンタルズです。

短期的には上下を繰り返しながらも、最終的には景気や金利の動向によって価格は動いていきます。

アベノミクスで大きく円安になったことなんか、とても良い例ですね。

 

そう考えるとやっぱり、ファンダメンタルズ分析をないがしろにはできません。

日々のニュースや経済動向を追いかけることで、チャートが長期的にどちらへ動いていくかを考え・・・

基本、そちらへついて行くような形で短期FXトレードを行うべきです。

 

ちなみにテクニカル分析でも、大きな流れに乗ることを重視しますよ。

参考:FXの環境認識って実はとても簡単!見るべきたった2つのものは?

 

実際にテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方を使ってFXトレードした例を、動画にて解説しています。

より深く理解したい人は、ぜひご覧ください!!

 

 

まとめ

 

FXトレードでは、テクニカル分析とファンダメンタル分析のどちらを良いかで口論になります。

しかし、どちらか一方しか使ってはいけないというルールはありません。

両方の長所を生かしながら使うことで、より精度の高いFXトレードをしましょう!!

 

FXでよく読まれている記事3つ