月10万円でホテル暮らし!自分の最低限の生活費を知るべき理由は?

f:id:yukihiro0201:20200208173633j:plain

 

お金と上手に付き合っていくうえで重要なのは、自分の最低限の生活費を知ることです!!

生活コストを把握することが幸せにつながる理由を、金融業で10年以上働いてきた元銀行員がお伝えします。

 

 

自分の最低限の生活費を知ろう

 

お金と上手に付き合っていくうえで重要なのは、自分の最低限の生活費を知ることです!!

自分が無理をせず、はたまた過度な贅沢もせず・・・

大きなストレスを抱えず生きていくのに、かかるお金はいくらなのかを洗い出しましょう。

 

そのためにはまず、自分が普段いくら使っているのかを知る必要があります。

これを知るのに有効なのが、「とりあえず3か月分の支出の記録を付けること」です!!

 

今日から3か月間、お金を使ったら必ずその金額をスマホにメモします。

そして3か月たったら、メモした金額を全部足して3で割るのです。

すると、あなたの1か月の平均的な生活コストが出てきます。

 

なぜ3か月も続けるかというと、月のバラつきをなるべく「ならす」ためです。

月によっては、以下のようなことが出てくるでしょう。

 

「今月は飲み会が多かったから、お金を使ったな」

「今月はどこにも行かなかったから、節約できた」

 

こういったバラつきをなくすため、3か月分の記録を取って平均を出すのです!!

 

いくら稼げばよいか分かる

 

なぜ、自分の生活コストを知ることが重要なのでしょうか??

それは自分の生活費を知ることで、自分がいくら稼げばよいか分かるからです!!

 

たとえばあなたが自分の家族と過ごすのに、毎月30万円が必要だとしましょう。

そうすればあなたは自然と、何をすべきか分かってきます。

 

会社員で月20万円の給料がもらえているなら、残り10万円を副業で稼いでもいいですし・・・

自分の得意なことで独立したいと考えるなら、5万円の仕事を月に6つできる方法を考えましょう。

 

逆に自分がいくら必要なのか把握していないと、「お金がない」が口グセになってしまいます。

そして盲目的にお金を求めるようになり、いつまでも満足できずに幸せを逃してしまうのです。

 

僕は月10万円を目指した

 

僕は旅をするためにFXトレーダーとして独立したとき、月10万円を目指しました!!

なぜなら僕にとってこの金額が、旅を楽しめる最低金額だったからです。

 

僕は独立する前に留学や海外インターンで、オーストラリア・香港・インドに半年以上住みました。

色々な生活水準の都市で暮らしてみて、確信を持ったのは・・・

僕にとって海外で最低限生きていくのに必要な金額は、月10万円ということです。

 

ちなみにインドに滞在していたときは、月10万円でホテル暮らしができましたよ!!

けっこう良いホテルに滞在していたのですが、ダブルルームが一泊20ドルでした。

 

月に換算すると600ドルなのですが、長期滞在割引で500ドルに下がったのです。

当時はドル円が100円以下だったので、月5万円以下で生活していたことになります。

 

ベッドメイキングしてくれるし、ルームサービスでご飯を頼めるし、衛生テレビで海外映画が見放題だったし・・・

いま思えば、とても素敵な生活でしたね。笑

参考:億り人を目指すな!月10万円FXで楽に億万長者になる方法とは?

 

生活レベルは下げなくて良い

 

こう言うと、「自分の収入に合った生活レベルに落とそう」と考える人がいます。

しかし支出をおさえることより、まず収入を上げることに意識を向けましょう!

 

もちろん身の丈に合わない贅沢をたくさんしている場合は、出費を削ってください。

しかし自分の最低限の生活コストを知ったうえで、収入がそれに届かないという場合・・・

支出をさらに削ろうとすると、最低限の生活すら送れなくなります。

 

するとそれが仕事に影響し、さらに収入を下げることになりかねません。

そしてさらに生活が貧しくなるという、負のループにおちいってしまいます。

 

大切なのは「自分の最低限の生活コストを稼ぐためにできることは??」と、前向きに考えることです。

今はネットで検索すればお金を稼ぐ方法はたくさん出てくるので、そういったものを参考にしてください!!

 

まとめ

 

お金と上手に付き合っていくうえで重要なのは、自分の最低限の生活費を知ることです!!

自分の最低限の生活費がいくらかを知ることで、自分がいくら稼げばよいか分かります。

もし自分の収入がそれに届かない場合、まずは収入を上げることを目指しましょう。

 

投資・お金でよく読まれている記事3つ

 

プライバシーポリシー・免責事項