トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







簡単にFXの勝率UP!トレンドの強さでエントリーを変える方法

f:id:yukihiro0201:20190205193933j:plain

 

FXトレードのトレンドは、その強さによって大きく3種類に分けられます。

その3種類のトレンドの見分け方と最適なエントリー方法を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えしましょう!!

 

 

トレンドの強さは違う

 

f:id:yukihiro0201:20190204190817p:plain

 

ほとんどのFXトレーダーは、トレンドをすべて一緒と考えて取引しています。

しかし一言でトレンドと言っても、その強さはまちまちです!!

 

そしてその強さによって、最適なエントリー方法は変わってきます。

ブレイクアウトが最適なトレンドもあれば、押し目・戻しが最適なトレンドもあるのです。

 

参考:FXブレイクアウト手法に最適!高勝率なレンジブレイクの形は?

参考:FXで押し目買い・戻り売りのタイミングを簡単に見極める方法5つ

 

今日はその見分け方と、最適なエントリー方法についてお伝えしましょう!!

  

トレンドの種類

 

FXトレードのトレンドは、大きく以下の3つに分類されます!!

なお今回はアップトレンドで話をしていますが、ダウントレンドでも一緒です。

 

またトレンドの強さの見分ける方法として、今回は一番簡単な「移動平均線」を使っています。

その他のインジケーターで見分ける方法は、下の記事を参考にしてください。

参考:FXのボラティリティとは?値動きを測るインジケーターまとめ

 

強いトレンド

 

f:id:yukihiro0201:20190205132900j:plain 

売り圧力をあまり受けず、ドンドンと伸びていくトレンドです。

見分け方は、短期の移動平均線(~20MA)に沿って上がっていきます。

 

普通のトレンド

 

f:id:yukihiro0201:20190205133811j:plain

 

適度に売り圧力を受けながら、順調に伸びていくトレンドです。

見分け方は、中期の移動平均線(~50MA)に沿って上がっていきます。

 

弱いトレンド

 

f:id:yukihiro0201:20190205193221j:plain

 

買い圧力と売り圧力がほぼ等しく、ゆっくりと伸びていくトレンドです。

見分け方は、長期の移動平均線(~100MA)に沿って上がっていきます。

 

それぞれのエントリー方法

 

それぞれのトレンドにおける最適なエントリー方法は、以下の通りです。

 

強いトレンド

 

f:id:yukihiro0201:20190205140905j:plain

 

このトレンドでは、押し目らしい押し目がほとんどできません。

したがって、押し目を狙ってFXトレードをするのは難しいでしょう。

 

この場合、直近の高値をブレイクアウトした時点で買うのがベストです!!

トレンドが強いので、高値越えでエントリーしてもすぐに伸びて利益が出ます。

もしくは短い時間足に切り変えて、エントリーポイントを探すのも有効です。

 

普通のトレンド

 

f:id:yukihiro0201:20190205141330j:plain

 

このトレンドでは、ちょうど良い押し目ができます。

したがって素直に、移動平均線やトレンドラインの反発を狙うのがベストです!!

 

ブレイクアウトでエントリーするのも、間違いではないですが・・・

その場合、50MAぐらいまで値が戻してくることを覚悟しておいてください。

まあそれに耐えるくらいなら、最初から押し目でエントリーすべきだと思いますが。笑

 

弱いトレンド

 

f:id:yukihiro0201:20190205193454j:plain
 

このトレンドでは、押し目が深いところまでもぐってきます。

どこで反転するか予想が難しいので、押し目を狙うのはあまり良くありません。

また戻しが大きすぎるので、ブレイクアウトのエントリーもやめた方が無難です。

 

この場合、サポート・レジスタンス転換でエントリーするのがベストです!!

直近の高値まで落ちてきて、水平線が効いているのを確かめてから買いましょう。

 

まとめ

 

FXトレードのトレンドは、その強さによって大きく3種類の分けられます。

その見分け方は、短期・中期・長期どの移動平均線に価格が沿っているかです。

それぞれのトレンドによって、最適なエントリー方法は変わってきます。

 

FXでよく読まれている記事3つ