トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







330年の歴史を持つ世界最古の投資本!今でも役立つその内容は?

f:id:yukihiro0201:20190129081310j:plain

 

330年以上も前である1688年に、世界で最初の投資本が書かれました。

その内容が今でも十分に役立つものだったので、ここで紹介しましょう!!

 

 

世界最古の投資本

 

f:id:yukihiro0201:20190121152353p:plain

 

みなさんは、世界で最初に書かれた投資本を知っていますか??

ブルームバーグによると、それは「Confusion of Confusions(混乱の混乱)」です!!

参考:The first book written about a stock market is selling for 300,000

 

今から330年以上も前の1688年、Joseph Penso de la Vegaという人物によって書かれました。

彼は16世紀の初頭に、スペインからオランダへ移住したユダヤ人です。

 

1602年、オランダ東インド会社が「アムステルダム証券取引所」を設立しました。

この本は、そこで取引するために書かれた入門書です。

取引所の仕組み・取引のやり方・投資アドバイスなどが、スペイン語で記されています。

 

なんとこの本、今日にでも買って読むことが可能です!!

米国アマゾンでは、英訳版のハードカバーが約28ドルで売られていますよ。

 

f:id:yukihiro0201:20190129085012j:plain

 

しかしこれが初版となると、話が違います。

現存する数は10冊もなく、オークションでは3,000万円もの値が付いたのです!!

 

著者の思い

 

f:id:yukihiro0201:20190129090056j:plain

 

この本の序文には、著者であるVega氏の思いが書かれています。

なんでも彼がこの本を書いたのは、「相場に関する混乱を消したい」という強い願望からだそう!!

本のタイトルはどうも、ここから来ているみたいですね。

 

また取引所における「誠実ではない慣習」も、彼がこの本で伝えたいことでした。

本の中では「市場は誠実な事業であり、尊敬すべき事業である」と述べる一方・・・

「市場には、アナタを利用しようとする人々がいる」という警告も発しています。

 

 4つの投資アドバイス

 

f:id:yukihiro0201:20190103114411p:plain

 

この本には、大きく4つの投資アドバイスが書かれています。

それが今日でも十分に通用する内容だったので、以下に書き出してみましょう!!

 

1. 間違えているかもしれないので、他人に売買のアドバイスはしない

2. 逃した利益は決して後悔せず、取れる利益だけを全部取っていこう

3. 市場取引による利益は水物で、今日の利益は明日の損失になりえる

4. 相場で成功したいのなら、忍耐とお金を持っていなければならない

 

何百年・何千年と読み継がれている古典には、何かしらの「正しさ」があります。

なぜなら本当に中身のあるものでなければ、長年の批判に耐えて現代まで伝わることはないからです。

参考:読書する本に迷う人は古典を読め!100年以上残るオススメ名著5選

 

そう考えると、この本の投資アドバイスには深い意味があるといえます。

古い本だとバカにせず、良き学びとして積極的に取り入れたいですね!!

 

ツイッターでの反応

 

f:id:yukihiro0201:20181219163551p:plain

 

この投資アドバイスをツイッターで紹介したところ、多くの方から反応がありました!!

その一部を、ここで紹介しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

世界最古の投資本は、今から330年以上も前の1688年に書かれました。

この本は「相場に関する混乱を消したい」という、著者の強い願望から生まれています。

この本の投資アドバイスは今日でも十分に通用する内容なので、ぜひ参考にしてください!!

 

FXでよく読まれている記事3つ