トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXスワップポイントで稼ぐのはムリ!儲けられない根本的な理由は?

f:id:yukihiro0201:20180910105456j:plain

 

「FXで金利の高い通貨を買い、長期で寝かせておけば儲かるんじゃないか??」と考えている方へ。

スワップポイントで稼ぐことをおすすめしない理由を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

 

 

動画での解説はこちら

 

 

スワップポイントとは

 

f:id:yukihiro0201:20180823103808p:plain

 

スワップポイントとは簡単に言うと、「金利の差」のことです!!

FXトレードは、価格の変動(安く買って高く売る)だけではありません。

2国間の金利差によっても、利益を得ることができます。

 

国にはそれぞれ、自国で定めた金利があります(政策金利)。

たとえば2020年2月現在、日本は-0.10%でトルコは9.75%です。

 

日本 -0.10%
アメリカ 1.75%
EU 0.00%
イギリス 0.75%
オーストラリア 0.75%
南アメリカ 5.25%
トルコ 9.75%
メキシコ 6.50%

 

ここで日本の通貨「円」を売り、トルコの通貨「リラ」を買うとします。

するとその2国の金利の差額(9.85%)を、日割りで受け取れるのです!!

 

日本円の金利:-0.10%

トルコリラの金利:9.75%

9.75% - (-0.10%) = 9.85%

 

トルコリラ円の買いポジションを持ち続けたら、年9.85%の金利が日割りでコツコツもらえる感じですね。

毎日お金が入ってくるので、これを目当てにFXをしている人も多いです。

 

 

 

 

スワップ狙いは稼げない

 

f:id:yukihiro0201:20180829192833p:plain

 

しかし僕は、スワップポイントで稼ぐのをおすすめしません。

その理由は単純で、儲からないから!!

 

金利が高い通貨って、やっぱりそれなりの理由があるんですよ。

高い金利で誘わないとお金が入ってこないということは、それだけリスクがあるということですからね。

たとえば政策金利の高いトルコは、以下のように様々なリスクを抱えています。

 

・エルドアン大統領の独裁

・シリアへの侵攻

・経済状況の悪化(高インフレ&高失業率)

 

したがって「高金利通貨の価値は下がる」というのが、国際経済学の基本です。

スワップ金利が入ってきても、長期的には為替差益で大損します。

トルコリラの10年チャートを見ると、まさに右肩下がりです!!

 

f:id:yukihiro0201:20200327160220p:plain

 

またトルコリラ円を10年間保有した場合の損益を、モノアイさんという方が試算しています。

それによると、スワップで400万円ぐらい儲かるものの為替差損が700万円ぐらい出るみたいです。

差し引きで、約300万円の損ですね。

 

f:id:yukihiro0201:20200327160301p:plain

 

 

また僕は逆の「トルコリラ売り」で、利益を上げることができました!!

参考:FX逆スワップポイント生活!トルコリラ毎月10万売り続けたら?

 

先進国通貨なら大丈夫か

 

f:id:yukihiro0201:20150804161630j:plain

 

「途上国の高金利通貨は、危険なことが分かった」

「じゃあ先進国の中で、金利の高い通貨を買おう」

 

こういう方がいますが、これも残念ながらあまり稼ぐことはできません。

なぜなら金利が高い局面というのは、円安が進んでいるときだから!!

 

たとえば2020年2月時点、先進国の中で金利が高いのはアメリカの1.75%です。

日本円を売って米ドルを買えば(USDJPYを買えば)、1.85%の金利が入ります。

 

日本 -0.10%
アメリカ 1.75%
EU 0.00%
イギリス 0.75%
オーストラリア 0.75%
南アメリカ 5.25%
トルコ 9.75%
メキシコ 6.50%

 

なぜこんなにも米国金利が高いかというと、これまで世界は好景気だったからです。

特にアメリカ経済は強く、株価は歴史的な最高値を更新していました。

 

f:id:yukihiro0201:20180910132943p:plain

参考:ダウ平均株価の推移 - 世界経済のネタ帳

 

では景気が悪くなると、いったいどうなるでしょう??

経済というのは波なので、好景気と不景気は交互にやって来ますよね。

 

結論を言うと、不景気になると円高になります!!

安全資産と言われる日本円を買う動きが増え、代わりに他の通貨が暴落するのです。

 

たとえば2007年のサブプライムローンと、2008年のリーマンショックで・・・

米ドルは120円から80円以下と、4割も暴落しました。

 

f:id:yukihiro0201:20180910135729p:plain

参考:ドル/円 5年チャート〔2007年~2011年〕の推移 - 為替ラボ

 

これだと、いくらスワップポイントで稼いでも意味ないですよね??

年1.85%の金利を受け取っても、40%も暴落してしまえば大きく損です。

 

不景気になると金利は下がる

 

f:id:yukihiro0201:20170526171444j:plain

 

「それでも長期で持っていれば、金利で取り返せるはず」

そう言う人は、大事な視点が抜けています。

不景気になると、金利は下がるんですよ!!

 

景気が悪くなるとみんな財布のヒモを閉め、贅沢をひかえるようになります。

するとお金の循環が悪くなり、ますます景気は悪くなっていくのです。

 

それを防ぐために、各国の中央銀行は不景気になると政策金利を下げます。

金利を下げてお金を借りやすくし、お金をドンドン使うよう誘導するのです。

 

実際にアメリカはリーマンショック後、ゼロ金利政策を始めました。

それから9年半もの間、金利はゼロのままだったのです!!

参考:FRB:米ゼロ金利解除 利上げ9年半ぶり、0.25% 金融政策正常化へ イエレン議長「緩やかに変更」 - 毎日新聞

 

つまり、リーマンショック前にスワップ目的で米ドルを買った人は・・・

ずっと大きな含み損を抱えたまま、金利もつかない米ドルをただ持っていたことになります。

これはさすがに、資金効率が悪すぎるでしょう。笑

 

実際に僕もリーマンショック前、スワップ目的で豪ドルを保有していました。

しかしそこで大きく失敗し、今ではスワップ目的のFXトレードをしないようにしています。

参考:FXで大失敗し大損!精神崩壊した僕がどうやって立ち直ったか?

 

FXで長期投資するなら

 

f:id:yukihiro0201:20180901125210p:plain

 

FXで長期投資をするなら、スワップを目的にするのではなく・・・

「安く買って高く売る」という、金融取引の王道を進んだ方が良いです!!

 

実際に僕はそれでイギリスポンドを買い、初年度は15.7%で2年後は9.1%の利回りを出せました。

参考:ポジション持ち続ける!FX長期保有で簡単に利益を出す方法は?

 

その間、一度も含み損になったことはありません。

2%のスワップ金利を稼ぐよりずっと利回りは大きく、精神的にも楽でしたよ。

 

まとめ

 

スワップポイントを目的にFXトレードをしても、稼ぐことはできません。

なぜなら金利で稼ぐ以上に、通貨自体の価値が落ちて損する可能性が高いからです。

FXトレードをするなら、あくまでも王道の為替差益を狙いましょう。

 

FXでよく読まれている記事3つ