トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







【FXの税金まとめ】確定申告はいくらから?税金の計算方法は?

f:id:yukihiro0201:20180330185037j:plain

 

FXトレードで得た利益には税金がかかり、自分で確定申告をして納めなければいけません。

税金の計算方法から節税対策まで、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

 

 

確定申告とは

 

f:id:yukihiro0201:20180330185111p:plain

 

確定申告とは1年間の収入を出し、それにかかる税金を計算する手続きです!!

 

個人の場合、まず1月1日から12月31日までに得た収入を出します。

そしてそれに対する税金の金額を算出し、確定申告書を記入するのです。

 

確定申告書は翌年の2月16日から3月15日までに、最寄りの税務署へ提出します。

ただし3月15日が土日の場合は、翌月曜日まで提出期限が伸びますよ。

 

そして確定した税金を、納付書・口座振替・クレカなどで後日に支払うのです。

人によっては、おさめすぎた税金が返ってくること(還付)もあります。

 

確定申告はいくらからか

 

f:id:yukihiro0201:20190815152007j:plain

 

FXトレードで稼いだ金額が小さいと、確定申告が不要となる可能性があります!!

その場合、FXトレードの税金は払わなくても良いです。

 

以下のフローチャートにしたがって、自分が該当するか確認してみましょう。

基本的には、20万円以上稼いでいなければ確定申告は不要となります。

 

f:id:yukihiro0201:20180330185222p:plain

参考:FXの税金・確定申告について

 

それぞれの立場において確定申告が不要になる条件は、以下の通りです。

 

サラリーマン(給与所得者)

・給与所得が年2,000万円以下

・給与・退職所得以外の所得(FXの収入)が20万円以下

  

専業主婦やニート(収入のない人)

・所得の合計(FXの収入ふくむ)が年38万円以下

 

年金生活者(年金受給者)

・年金による収入が年400万円以下

・給与・退職所得以外の所得(FXの収入)が20万円以下

 

専業トレーダー(個人事業主)

・収入の大小にかかわらず確定申告が必要

 

確定申告が不要な人も注意

 

f:id:yukihiro0201:20180403231917p:plain

 

確定申告が不要の人でも、住宅ローン控除を受けるなど別の理由で確定申告を行う場合・・・

たとえFXトレードの収入が1円でも、申告書にはキチンと書かなければいけません!!

 

また申告が不要なのは、所得税の確定申告だけです。

住民税の確定申告は、20万円以下でも必要となってきます。

 

不安な人はとりあえず、毎年ちゃんと確定申告したら間違いないですよ!!

税理士ドットコムなどで、安く申告業務を手伝ってくれる税理士さんを探しましょう。

 

税金の計算方法

 

f:id:yukihiro0201:20180330191522p:plain

 

FXトレードの税金は、けっこう簡単に計算できます。

まずFXトレードで得た収入から経費を引いて、利益がいくらかを出しましょう。

その利益は「先物取引にかかわる雑所得等」とされ、税率は一律20.315%です!!

 

ちなみにこの税率の内訳は、以下のようになっています。

 

・所得税:15%

・住民税:5%

・復興特別所得税:0.315%

 

つまりFXトレードで100万円稼ぎ、20万円の経費を使ったとすると・・・

税金の金額は、以下のように計算されます。

 

(100万円 - 20万円)× 20.315% = 162,520円

 

経費となるものは

 

f:id:yukihiro0201:20180330192106j:plain

 

支払う税金を少なくするには、経費をもれなく清算することが大事です!! 

ちなみに経費とは、FXトレードで収入を得るために必要となった費用のことを指します。

具体的には、以下のようなものです。

 

・パソコンやスマホ、タブレットの購入費

・セミナーへの参加費や交通費、宿泊費

・書籍や新聞、有料メルマガなどの資料費

・プロバイダーなどのネット通信費

・トレード部屋にかかる家賃

・FX会社や銀行にかかる各種手数料

・記録を付ける筆記用具の購入費

・確定申告にかかる書類などの印刷費

・書類郵送などにかかる郵便費

 

これら以外にも、FXトレードで利益を上げるために必要だと考えられるものは経費としてあげられます。

何が認められるかは税務署の判断しだいなので、自分が経費だと思うものはすべて記録しておきましょう。

 

僕は個人的に稼いだお金はガンガン使って、自分の知識や経験にした方が良いと思っています。

参考:FX専業トレーダーになったら、貯金を増やすのが苦痛になった話

 

下のブログで挙げているような名著を経費として買い、ドンドンと自分のトレード技術を向上させていきましょう!!

参考:FXデイトレードのおすすめ本12選!100冊以上の名著から厳選した

 

経費をあげる上での注意点

 

f:id:yukihiro0201:20180901163226j:plain

 

なお経費は、実際にFXトレードに使った分しか認められません!!

たとえば新しくスマホを買ったものの、ほとんどYouTubeを見るのに使い・・・

FXトレードに使っている時間は全体の1割しかない場合、経費として出せるのは購入費の1割だけです。

 

またFXトレードの収入が50万円で経費も50万円なので、差し引きゼロで税金を払わなくて良い場合も・・・

確定申告だけは、シッカリと行わなければいけません!!

確定申告が不要となる条件は「利益が20万円以下」ではなく、「収入が20万円以下」の人です。

 

確定申告の仕方

 

f:id:yukihiro0201:20180330185037j:plain

 

FXトレードの確定申告は、以下4つの方法で行うことができます。

 

1. ネット

・「確定申告書等作成コーナー」にアクセスして情報を入力

・できた申告書を印刷して郵送または税務署に持ち込み

 

2. 税務署

・最寄りの税務署や還付申告センターに出向く

・設置しているパソコンで申告書を作成してその場で提出

 

3. 手書き

・最寄りの税務署や還付申告センターで申告書の用紙をもらう

・自分で申告書に手書きで記入して郵送または持ち込み

 

4. e-Tax

・e-Tax(国税電子申告・納税システム)により申告書を作成

・インターネットを経由して電子書類の送信により申告

 

この中で一番手間がかからないのは、4の方法です!!

作成から送付まで、すべてネット上で完結しますからね。

しかしこれには「電子証明書の取得」「開始届出書の提出」「ICカードリーダライタの購入」など、事前準備が大変です。

 

なので初心者には、まず2の方法をおすすめします!!

そばにいる税務職員にたずねながら手続きができるので、間違えることなく確実です。

それで申告書の作成に慣れてきたら、1に切り替えると良いでしょう。

 

なお副業禁止や公務員の方は、確定申告の際にちょっとした工夫が必要です。

これについてくわしくは、下の記事を読んでください。

参考:FXは副業にあたる?サラリーマンFXのやり方やデメリットまとめ

 

また個人事業主の方で白色申告か青色申告がで迷っている人は、この記事が参考になるでしょう。

参考:個人事業主となるFXトレーダーへ!確定申告は青色申告でするな

 

確定申告に必要なもの

 

f:id:yukihiro0201:20180404094843j:plain

 

作成した申告書類には、以下の添付書類が必要です。

 

・源泉徴収票

・マイナンバーカードの写し

・1年間の期間損益報告書

 

マイナンバーカードを持っていない場合は、通知カード+本人確認書類の写しとなります。

期間損益報告書は、自分が使っているFX会社のホームページからダウンロードしましょう。

なお訂正が必要となったときのため、提出の際には印鑑も持って行った方が良いですよ!!

 

FXの税金対策

 

f:id:yukihiro0201:20180923160916j:plain

 

最後に、FXの税金対策の方法をいくつか書いていきましょう!!

基礎的なものから応用編まで5つ書き出したので、自分に合うものを選んでください。

 

1. 繰越控除する

2. 損益通算する

3. ふるさと納税する

4. 個人事業主や法人になる

5. 両建てする

 

ではそれぞれ、以下にくわしく説明していきます!!

 

1. 繰越控除する

 

f:id:yukihiro0201:20180404105052j:plain 

もし過去にFXトレードで損失を出している場合、その損失分を今年度の利益から引くことができます!!

しかもこの繰越控除は、3年前の損失まで使うことが可能です。

しかしこれを行うには、毎年きちんと確定申告をしていないといけません。

 

2. 損益通算する

 

f:id:yukihiro0201:20180404104249j:plain 

FX以外の先物取引で損失を出した場合、それはFXの利益から引くことができます!!

具体的には、バイナリーオプション・日経225先物・CFDなどです。

ちなみに現物株式や仮想通貨は先物取引に該当しないので、これらの損失を引くことはできません。

 

3. ふるさと納税する

 

f:id:yukihiro0201:20180404112126p:plain 

ふるさと納税で寄付したお金は、所得税や住民税から控除されるほか・・・

寄付した自治体によっては、その土地の特産品や名産品がもらえますよ!!

参考:FX/株の利益もふるさと納税で節税!簡単な限度額の計算方法は?

 

4. 個人事業主や法人になる

 

f:id:yukihiro0201:20180404112439p:plain

 

利益が大きくなったら、個人事業主や法人になるのも有効な選択肢です!!

経費としてあげられるものが多くなったり、税率が低くなったりします。

参考:FXトレーダーとして起業!個人事業主や法人になるメリットは?

 

5. 両建てする

 

f:id:yukihiro0201:20180923143752p:plain

 

両建てをすることで、FXの利益を次年度に繰り越す方法があります!!

「納税資金が足りない」というとき、支払いを先延ばしすることができますよ。

参考:FX両建て手法に必勝法あり?負けない両建てテクニックを5つ紹介

 

未申告・脱税は絶対にダメ

 

f:id:yukihiro0201:20180923154024p:plain

 

確定申告は面倒くさくても、対象者は絶対にすべきです。

でないと後で、多額の税金や罰金を支払うハメになります!!

 

仮に税務署から調査が入って、申告もれが発覚したら悲しいですよ~

本来おさめなければならなかった金額にプラスして、15~20%という「無申告加算税」が取られます。

 

また隠ぺい工作など悪質な場合は、35~40%の「重加算税」が課せられたり・・・

「脱税」として、500万円以下の罰金か5年以下の懲役です。

さらに期限までに支払えなければ、7~14%というサラ金なみの「延滞税」も取られます。

 

ちなみに、FXトレードの脱税で捕まる人はけっこういます。

4億円の脱税をして起訴された池辺雪子さんなんか、とても有名ですよね。

参考:池辺雪子 - Wikipedia

 

確定申告が不安な方は、税理士ドットコムなどで安く申告業務を手伝ってくれる税理士さんを探しましょう!!

 

まとめ

 

基本的にFXトレードの収益が20万円を超えた場合、確定申告をして税金を納める必要があります。

税金の計算方法は、「(収入 - 経費) × 20.315%」です。

確定申告や税金の支払いをおこたった場合、多額の税金や罰金がくるので注意してください。

 

FXでよく読まれている記事3つ