トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







東大生・京大生が一番読んだ本!「思考の整理学」の要約と考察

f:id:yukihiro0201:20170714202943j:plain

 

東大・京大で売り上げ1位の「頭が良くなる本」とは、どのような内容なのでしょうか??

過去30年で200万部以上売れた「思考の整理学」という本を読んだので、要約と考察をを書きました。

 

 

東大・京大で最も売れた本

 

f:id:yukihiro0201:20190627155303j:plain

 

以前、「読書をするなら古典を読め」という内容の記事を書きました。

参考:読書する本に迷う人は古典を読め!100年以上残るオススメ名著5選

 

これにしたがい「長く読まれ続けている、おもしろそうな本ないかな~」と探していたところ・・・

僕が生まれた年に発刊され、今も売れ続けている「思考の整理学」という本に出会ったのです!!

 

 

この本の著者は、お茶の水女子大学の名誉教授である外山滋比古さんです。

外山さんは90歳を超えた現在も、執筆や講演などで精力的に活動されています。

 

この本では、そんな著者が考える「思考の本質」について語られています。

なんでも東大や京大の生協では、5年連続で販売冊数1位を記録しているらしい!!

「頭が良くなる本」として、すごく有名みたいですよ。笑

 

コンピュータには勝てない

 

f:id:yukihiro0201:20190325143322p:plain

 

僕がこの本を読んで、最も印象に残ったところはココです!!

 

これまでの教育では、人間の頭脳を、倉庫のようなものだと見てきた。

知識をどんどん蓄積する。

倉庫は大きければ大きいほどよろしい。

  

ところが、こういう人間頭脳にとっておそるべき敵があらわれた。コンピュータである。

これが倉庫としてはすばらしい機能をもっている。

いったん入れたものは決して失わない。必要なときには、さっと、引き出すことができる。

 

 人間の頭はこれからも、一部は倉庫の役をはたし続けなくてはならないだろうが、それだけではいけない。

新しいことを考え出す工場でなくてはならない。

倉庫なら、入れたものを紛失しないようにしておけばいいが、ものを作り出すには、そういう保存保管の能力だけではしかたがない。

 

最近、AI(人工知能)の急速な発達にともなって・・・

以下のようなことが、アチコチで聞かれるようになりました。

 

「ルールやマニュアル人間はロボットに替えられる」

「新たな価値や発想を生み出せる人にならなければ」

 

実際にFXトレードの世界でも、AIに取引を任せるシステムが出てきています。

参考:為替ニュースをもとにFX自動売買?テキストマイニングAIを検証

 

しかしAIどころか、まだパソコンすら一般的でなかった30年前に・・・

上記のようなことを考えていたというのは、本当に驚きますね!!

 

忘れることが大事

 

f:id:yukihiro0201:20170714202231j:plain

 

この本によると、思考を整理するうえで一番重要なのは「忘れること」です!!

 

僕たちはこれまで、頭を「倉庫」に見立てた教育を受けてきました。

「たくさん知識がつまっているほど良く、忘れるのは悪」といった考えにしたがって・・・

フランス革命を行った人物や酢酸の化学式などを、必死に覚えてきたのです。

 

しかし、コンピュータやインターネットが身の回りにある現代において・・・

いまだに人間の脳を倉庫として使うのは、バカげていると言えるでしょう。

なぜならわざわざ記憶しなくても、スマホで調べればすべて出てくるからです。

 

これからは、自分の頭を「工場」にしていかなければいけません!!

知識を保管するためではなく、新しいものを生み出すための施設にするのです。

 

しかしそのためには、倉庫にある余分な在庫品を処分し・・・

新製品を生み出すための、新たなスペースを作り出す必要があります。

 

そのために、必要ないものは忘れなければならないのです!!

 

忘れるためには睡眠

 

f:id:yukihiro0201:20170620232331p:plain

 

しかし「忘れる」という行為は、意識してできることではありません。

そこで大事になってくるのが、「睡眠」です!!

 

人間は寝ることによって、前日の記憶の大部分をなくします。

睡眠には、「頭の中の工場をきちんと整理整頓する」という機能があるのです!!

 

ちなみに朝が「脳のゴールデンタイム」と呼ばれ、勉強に最適と言われているのは・・・

寝起きで頭の中がしっかり整理され、動きやすくなっているからに他なりません。

 

したがって難しい問題を考えるとき、ずっと悩み続けるのは逆効果です。

むしろ一晩グッスリと寝て、その翌日に考える方が良いでしょう。

着想を生み出すうえで、睡眠の時間を使うことほど有効な手段はありません!!

 

朝時間の活用法

 

f:id:yukihiro0201:20170608182821j:plain

 

僕は上記の内容に、けっこう納得しています。

というのも、朝が一番ブログを書くのに適していることを経験で知っていたからです!!

 

僕はこのブログを、約5年間ずっと続けてきましたが・・・

大部分の記事は、朝起きてから昼までの時間帯に書いています。

 

僕のFXトレードする時間帯が、ロンドンとニューヨーク市場という理由もあるのですが・・・

それよりなにより、午前中が一番スラスラと書けるんですよ!!

 

夜中に3時間かけても、結局うまいぐあいに書けなかった文章が・・・

翌朝あらためて取りかかると、30分ぐらいで仕上がったりします。笑

なのでやっぱり、朝は頭が動きやすい状態になっているのでしょうね。

 

まとめ

 

これからは頭を使って、新たなものを生み出せる人間にならなければいけません。

そのためには、頭の中にある不要なものを忘れるという作業が重要です。

効率的に忘れるためには、睡眠を積極的に活用していきましょう!!