トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXで損切りできない方へ!ロスカットルールを守る秘策3つとは?

f:id:yukihiro0201:20190419112457j:plain

 

「FXトレードで損切りができない」とお悩みの方は、ぜひ読んでみてください!!

ロスカットルールを守る秘策を、FXトレード歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします。

 

 

損切りとは

 

f:id:yukihiro0201:20190419112618p:plain

損切りとは、含み損が生じているポジションを見切って損失を確定させることです!!

まだ損が少ない時点で決済することで、それ以上に損が大きくなるのを防ぎます。

「ロスカット」や「ストップロス」とも呼ばれますね。

 

たとえば将来的に米ドルが上がると考え、1ドル100円で米ドルを買ったとしましょう。

このときにあらかじめ、「98円まで下がったら決済しよう」と決めておくのです。

 

98円まで下がったら自動的に決済されるよう、逆指値を注文しておいても良いかもしれません。

参考:IFD・IFO・OCO・トレールって?FXの複雑な注文パターンを解説

 

すると仮に自分の思惑が外れてドルが急落しても、手持ちのドルは98円で決済されます。

よって損失はマイナス2円より、大きくなることはないのです。

 

これは、日常生活でも考えられる行為でしょう。

たとえば風邪をひいたとき、半日だけ仕事を休んで早めに病院に行くような感じです。

これによって風邪が悪化し、あとから数日休むハメになることを防ぎます。

 

以前FXトレードで最低限押さえるべき知識の1つとして、「資金管理」を挙げました。

参考:経済学は不要!12年トレードして分かったFXに必要な知識3つは?

その資金管理の第一歩となるのが、この損切りです!!

 

なぜ損切りは重要か

 

損切りはFXトレードをするうえで、最も重要なテクニックです。

継続的に利益を出しているトレーダーは全員、例外なくこれを使っています。

失敗トレードを早めに見切る理由は、以下の3つです!!

 

1. 破産を防ぐ

2. 収益チャンスに備える

3. 

 

1. 破産を防ぐ

 

f:id:yukihiro0201:20190325143322p:plain

 

FXトレードで損切りをしないのは、ガードを一切せずにプロボクサーと戦うようなものです。

どんなに素晴らしいパンチ(手法)を持っていたとしても、ガードしなければ相手のパンチが当たってあっさりKO負けしてしまうでしょう。

参考:リスクは絶対に避けるな!人生にも役立つFXのリスク管理方法とは?

 

FXトレードでは100%勝ち続けることはなく、かならず負けるときがきます。

その1回の負けで自分の資金を吹き飛ばさないために、損切りを行うのです!!

 

2. 次の収益チャンスに備える

 

f:id:yukihiro0201:20190315183512p:plain

 

損切りをしない限り、自分の資金はその失敗トレードにつぎ込まれたままです。

そして含み損が増えればその分だけ証拠金が減り、次のFXトレードに使えるお金が減ってしまいます。

 

失敗を引きずったまま次の取引に使うお金もないとなれば、まさに泣きっ面にハチでしょう。

次の収益チャンスに備えて不良資産を現金化するために、損切りを行うのです!!

 

3. 感情の乱れを防ぐ

 

f:id:yukihiro0201:20190407004139j:plain

 

含み損を抱えたままでいると、「このまま損失が拡大したら??」と不安になるのが人間の心理です。

また「損失が回復してほしい!!」と願うことは、中立な立場で相場を見ることを難しくします。

参考:FXで大失敗し大損!精神崩壊した僕がどうやって立ち直ったか?

 

こういった不安や願望は、適切なFXトレードのさまたげになります。

自分の感情が乱されてFXトレードに悪影響が出ないよう、損切りを行うのです!!

 

損切り名言集

 

名著と呼ばれるトレード本には必ず、損切りの重要性が書いてあります。

いくつか、以下に引用してみましょう。

 

1. デイトレード

 

 

損切りは負けではなく勝ちである。

損切ったトレーダーは投下資金の大半を取り戻している。

過去にそれができれば良かったと悔やむトレーダーは数多い。

 

2. 生き残りのディーリング

 

 

トレーディングは綱渡りで損切りは命綱。

難しそうでいて慣れれば何とかなるが、慣れていても落ちることがある。

失敗しても死なないように、損切りという命綱を常に付けておくこと。

 

 

3. 魔術師たちの心理学

 

 

損切りは赤信号のようなもの。

無視することもできるが、それを続ければいずれ大事故を起こす。

 

損切りルールを守る方法

 

損切りルールは持っているものの、どうしてもそれを守ることができないという方へ。

損切りルールをキッチリと守れるようになる秘策を、3つ伝授しましょう!!

 

1. 損切りのイメージを変える

 

f:id:yukihiro0201:20190325143438j:plain

 

「損切り」と聞くと、どうしてもイヤなイメージを持ってしまいます。

もう「損」という字から、ネガティブなオーラがプンプン出ていますからね。笑

 

まずは、心構えからです。

このマイナスなイメージは、自分の中で改めなければいけません。

 

イメージを変えるのに一番良い方法は、言葉を変えることです!!

「損切り」というネガティブな言葉を使わずに、何かポジティブな言葉に置き換えてみましょう。

たとえば僕は、損切りで失ったお金を「経費」と言い変えています。

 

ビジネスで利益を出すには、材料費や広告料などの経費がかかりますよね??

FXトレードもビジネスの1つなので当然、経費が発生します。

参考:FXをビジネスと考えろ!そしたら簡単にトレード成功者になれる

 

なのでトレード記録をつける際には、言葉を以下のように変えてみるのです。

「損切り〇〇円」→「経費〇〇円」

参考:FX売買記録の書き方!トレードノートに残すべき10の項目とは?

 

「損切りになった」と書くと、文字通り損した気分になりますが・・・

「経費を払った」にすると、何かその次に払った分の見返りが返ってきそうじゃないですか??

 

「経費」がしっくりこないのであれば、「保険料」でも良いでしょう!!

事故や病気にあったときのために、僕たちは保険に入って保険料を支払います。

同じようにFXトレードでも、万一の場合に備えて「損切り」という保険料を払うのです。

 

言葉が持つ力というのは、意外と強力です。

バカらしいと思うかもしれませんが、効果はあるので試してみてください。

 

2. 逆指値を置いて別のことをする

 

f:id:yukihiro0201:20171104092835j:plain

 

まずエントリー後にすぐ、利食い・損切りの指値注文を入れます。

そしてFXトレード以外のことに取り掛かり、約定まで相場を見ないようにするのです!!

 

損切りができない原因で多いのが、「決済ボタンが押せない」というものです。

「ちょっと戻ったところで損切りしよう」と考えているうちに、どんどんと損がふくらみ・・・

「あの時に押しておけば」と後悔が大きくなって、ボタンが押せなくなります。

 

なのでそれをまず、機械に任せてしまいましょう!!

逆指値を置けば、こちらの気持ちに関わらず機械的に損切りしてくれます。

 

ただこれだけだと、ちょっと弱いんですよね~

チャートを見ているうちに、以下のような気持ちがジワジワと出てきます。

 

「ここで損切りをするのは早いのではないか??」

「もうちょっと粘ってみるのが得策なのでは??」

 

そうやって、いったん決めたはずの損切り価格をズラしてしまうのです。笑

これだと、せっかく逆指値を置いた意味がありません。

 

なので逆指値を置いた後は、絶対に相場を見ないようにしましょう。

どうしても気になるようであれば、何かFXトレードとは別のことをするのです。

 

ちなみに僕のおすすめは、ブログを書くことですね。

参考:ブログ5年目の僕がおすすめ!FX初心者がブログすべき理由5つ

 

そうやって別のことをしていれば、気持ちがアツくなって逆指値をイジることがなくなります。

チャートを見なければ、心が変に乱れることはないのです。

参考:無駄トレードを減らす方法は?FXの待ち時間はチャートを見ない

 

僕もFXトレードを初めてまだ損切りできなかったときは、これを徹底しました。

メールで約定通知が来るまでは、絶対にチャートを開かないようにしたのです。

そうしたらだんだんと損切りに慣れ、今では普通にできるようになりましたよ。

 

3. 損切り価格を引き上げる

 

f:id:yukihiro0201:20190315140139p:plain

 

ある程度だけ値が伸びたら、損切り価格を建値まで引き上げましょう!!

そうしたら途中で失速しても、最悪プラマイゼロでFXトレードを終えることができます。

 

損切りで一番つらいのは、「途中まで利益が出ていたのに結局は損切りになった」というパターンです。

これが続くと、本当にストレスがたまります。笑

そして、「もう損切りなんてしない方が良いのでは??」という気持ちになるでしょう。

 

これを防ぐためには、損切り価格を建値まで引き上げるのがベストです!!

「うまくいけば利食い、ダメでも損失にはならない」

そうすることによって、心にかかるストレスは格段に軽くなります。

 

もちろん損切りが近くなった分だけ、利食いになる可能性は低くなるでしょう。

しかしながら、損失が出る可能性も低くなるので文句はなしです。

 

FXトレードでは、おいしいとこ取りはできません。

一方を優先すれば、必ず他の何かが犠牲になります。

損切りができない段階では、利益の拡大よりもまず損失の拡大を防ぎましょう。

 

ちなみに、この損切りを引き上げる方法でおすすめなのは「分割決済」です!!

これは目標価格の半分まで来たら、ポジションを半分を利食って・・・

残りのポジションは、損切り価格を建値まで引き上げるという方法です。

 

僕は今でもこの手法を用いて、FXトレードの利食い・損切りを行っていますよ。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を50%増やす方法とは?

 

まとめ

 

損切りとは、含み損が生じているポジションを見切って損失を確定させることです。

損切りをすることで破産を防ぎ、不良資産を現金化し、精神の安定をはかることができます。

どうしても損切りができないという方は、上記3点を参考にがんばってみてください。

 

FXでよく読まれている記事3つ