トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXで押し目買い・戻り売りのタイミングを簡単に見極める方法5つ

f:id:yukihiro0201:20161018180428j:plain

 

「押し目買い」と「戻し売り」は、トレンドフォロー(順張り)手法の基本です!!

FXトレードで「押し目」と「戻し」を見極める方法を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えしましょう。

 

 

トレンドフォローは2種類

 

f:id:yukihiro0201:20190108135808p:plain

 

FXトレードのトレンドフォロー手法は、大きく2つに分けられます。

それは「ブレイクアウト」と、「押し目買い・戻し売り」です!!

この2つは以下のように、狙うところがまったく違います。

 

【アップトレンド】

ブレイクアウト:山(高値)

押し目買い:谷(安値)

 

【ダウントレンド】

ブレイクアウト:谷(安値)

戻り売り:山(高値)

 

たとえばアップトレンドのとき、価格は一直線に上がっていくわけではありません。

下のチャートのように山と谷を作りながら、ギザギザに上がっていきます。

 

f:id:yukihiro0201:20190131093706j:plain
 

そしてブレイクアウトは、「山」越えを狙う手法です!!

前回の山を上抜けして、新たな山ができたことを確認してからエントリーします。

 

f:id:yukihiro0201:20190131094028j:plain

 

逆に押し目買いは、「谷」底を狙うのです!!

前回の山から下がりきって、新たな谷ができたことを確認してからエントリーします。

 

f:id:yukihiro0201:20190131095238j:plain

 

ブレイクアウトについては、これまで何度も説明してきました。

参考:損小利大で高勝率!シンプルなFXブレイクアウト手法を無料公開

参考:FXブレイクアウト手法に最適!高勝率なレンジブレイクの形は?

 

なので今回は「押し目買い・戻し売り」について、くわしく書いていきましょう!!

 

押し目買い・戻り売りとは

 

押し目買い

 

f:id:yukihiro0201:20190131111557j:plain

 

「押し目」とは上昇トレンドの一時的な調整が終わり、再び上昇に転じるポイントのことです。

つまり「押し目買い」とは簡単に言うと、ギザギザの下で買いを入れること!!

 

あせって飛び乗るのではなく、価格が有利な水準まで来るのを待ってエントリーします。

したがって逆行する可能性が低く、勝率の高いFXトレードとなるのです。

 

戻り売り

 

f:id:yukihiro0201:20190131120123j:plain

 

「戻り」とはダウントレンドの一時的な調整が終わり、再び下落に転じるポイントのことです。

つまり「戻り売り」とは簡単に言うと、ギザギザの上で売りを入れること!!

 

これもあせって飛び乗るのではなく、価格が有利な水準まで来るのを待ってエントリーします。

したがって上と同様に逆行する可能性が低く、勝率の高いFXトレードとなるのです。

 

押し目・戻しの注意点

 

この押し目や戻しは、いつもキレイに形成されるとは限りません。

以下2つのようなことはたびたび起こるので、注意してください。

なお今回は押し目を例に出しましたが、戻しでも同じことが言えます。

 

押し目・戻しがない

 

f:id:yukihiro0201:20190131113848j:plain

 

上図のように勢いが急になり、まともな押し目が作られないことがあります!!

いわゆる、「押し目待ちに押し目なし」という状態ですね。笑

 

押し目を待っているときにこうなると、大変くやしい思いをします。

しかしだからと言って、あわてて飛び乗ってはいけません!!

この場合はいさぎよくあきらめるか、新たな押し目を待つのが最善です。

 

押し目・戻しがズレる

 

f:id:yukihiro0201:20190131121838j:plain

 

上図のように押し目がズレて、ライン上でうまく反発しない可能性もあります!!

ラインに到達する前に反発したり、ラインを割ったと見せかけてふき上げるパターンですね。

 

これにまどわされないためには、反発の発生をしっかりと確認してからエントリーすべきです。

また深くもぐってきたときのために、損切り注文はラインから5~10pips下げたところに入れましょう。

参考:FXで損切りの目安は?ロスカットラインの計算・設定する方法2つ

 

押し目・戻しを見極める方法

 

押し目買いや戻し売りで大切なことは、どこが押し目・戻しなのかを的確に見極めることです!!

以下に押し目・戻しのタイミングを判断する、代表的な方法を5つ記しましょう。

 

1. トレンドライン

 

f:id:yukihiro0201:20190131132357j:plain

 

押し目・戻しを判断する一番シンプルな方法は、トレンドラインを引いてみることです!!

安値(高値)同士を結ぶななめの線を引くことで、次にどこで反発するのかを見極めます。

 

トレンドラインはヒゲのはしっこか、ローソク足実体のはしっこに当たるように引きましょう。

色々と線を引いてみて、一番しっくりくるものを選んでみてください。

 

2. 水平線

 

f:id:yukihiro0201:20190131133432j:plain

 

押し目・戻しを判断できるラインは、トレンドラインだけでなく水平線も使えます!!

直近の高値(安値)に水平線を引き、次の安値(高値)がそこで反発するかを見るのです。

 

直近まで抵抗線(支持線)だったものがブレイクされると、今度はそれが支持線(抵抗線)として機能する傾向があります。

これを、「サポート・レジスタンス転換(サポレジ転換)」と言いますよ。

 

3. 移動平均線

 

f:id:yukihiro0201:20190131133827j:plain

 

移動平均線もトレンドラインと同じように、押し目・戻しを判断するのに使えます!!

多くの人が見ている移動平均線では、そこで反発が起こりやすいのです。

 

これは相場の勢いに応じて、見る移動平均線の期間を変えていきましょう。

勢いが強くて押し目・戻しが浅いときは、20~25期間ぐらいの短期の移動平均線を・・・

逆に勢いが弱くて押し目・戻しが深いときは、50~100期間ぐらいの長期の移動平均線を見ると良いです。

 

移動平均線については、下の記事でくわしく解説しています。

参考:SMAとEMAの違いは?機能する移動平均線の期間設定やFX手法

 

4. フィボナッチ・リトレースメント

 

f:id:yukihiro0201:20190131134034j:plain

 

「フィボナッチ・リトレースメント」と言うと、何やら難しそうですが・・・

要は「3分の1戻し」とか、「半値戻し」とか言うやつです。

 

上のチャートにおいては、安値から高値までを0→100とすると・・・

3分の1(38,2)や半分(50.0)で、反発しているのが分かりますよね。

 

フィボナッチ・リトレースメントについて、くわしくは下の記事で解説しています。

参考:移動平均線の期間設定など!FXでのフィボナッチの使い方3つは?

 

5. 板情報

 

f:id:yukihiro0201:20170104140603j:plain

 

FXトレードでも株や先物などと同じように、板情報を見る方法がいくつかあります。

そういったものを使って、押し目・戻しの予想をすることも可能です。

 

たとえば上図の場合、120.00にたくさん売り注文が入っていることが分かります。

すると価格が120.00まで上がったとき、ここで売り浴びせられ反転するかもと予測できるのです!!

 

FXトレードでの板情報の見方については、下の記事を参考にしてください。 

参考:気配値はいくら?FXで為替の板情報(オーダー状況)を見る方法3つ

 

組み合わせると正確さが増す

 

f:id:yukihiro0201:20181219163303p:plain

 

上記5つの中から、自分が使いやすいものを選んでも良いですが・・・

おすすめなのは、これらを組み合わせて使うことです!!

たとえば、トレンドラインと水平線を組み合わせると下図のようになります。

 

f:id:yukihiro0201:20190131132610j:plain

 

組み合わせることでさらに根拠が増し、勝率をさらに上げることができるのです!!

実際に僕の手法では、水平線と移動平均線を組み合わせて使っていますよ。

参考:単純だから簡単!シンプルなFXライントレード手法を無料で公開

 

まとめ

 

押し目買いや戻り売りは、ブレイクアウトと合わせて効果の高いFXトレード手法の1つです。

押し目・戻しを的確に見極めるには、トレンドライン・水平線・移動平均線・フィボナッチ・板情報を上手に使っていきましょう。

これらは組み合わせることで、さらに正確さを増すことができますよ!!

 

FXでよく読まれている記事3つ