トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







ボリンジャーバンドの使い方3つとは?高勝率のFX手法も無料公開!

f:id:yukihiro0201:20180731184738j:plain

 

「ボリンジャーバンドって、どう使えばいいの??」と疑問に思っている方へ。

ボリンジャーバンドの正しい使い方を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えしましょう。

またボリンジャーバンドを使った高勝率のトレード手法も、無料で公開します!!

 

 

動画での解説はこちら

 

 

ボリンジャーバンドとは

 

f:id:yukihiro0201:20200513164810j:plain

 

ボリンジャーバンドとは、価格がどれだけ動く可能性があるかをバンド(帯)で示したものです!!

バンド幅がせまいほど、見込まれる価格の変動率(ボラティリティ)は小さく・・・

逆にバンド幅が広いほど、見込まれる価格の変動率は大きくなります。

 

f:id:yukihiro0201:20200513164841j:plain


ボリンジャーバンドは通常、移動平均線に上下3本のラインがくっついた形となっています。

期間設定は、20~25が一般的です。

 

ちなみに僕は、フィボナッチ数である21を使っています!!

参考:移動平均線の期間設定など!FXでのフィボナッチの使い方3つは?


上下3本のラインは移動平均線に近い順から、以下のように呼びます。

なお、σは「シグマ」と呼びますよ。

 

±1σライン

±2σライン

±3σライン

 

f:id:yukihiro0201:20200513165255j:plain

 

価格がそれぞれのバンド幅に収まる確率は、以下のとおりです!!

 

ボリンジャーバンド 価格がバンド幅に収まる確率
±1σライン 68.29%
±2σライン 95.33%
±3σライン 99.73%

 

これを見ると、±3σラインを越える確率は0.27%と非常に少ないことが分かります。

 

f:id:yukihiro0201:20180731185916j:plain

 

ボリンジャーバンドの使い方

 

f:id:yukihiro0201:20191219130245j:plain


ボリンジャーバンドには、大きく以下3つの使い方があります!!

 

・相場環境を確認する

・エントリーに使う

・利食いに使う

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

相場環境を確認する

 

f:id:yukihiro0201:20160509163910j:plain

 

ボリンジャーバンドは上記の通り、相場のボラティリティを測るのに使えます。

したがって、今の相場環境がレンジかトレンドかを判断するのに役立つのです!!

 

具体的には、バンド幅がせまくバンドラインが平行に推移しているときはレンジ相場ですね。

そしてバンド幅が広がり、バンドラインの平行が崩れたらトレンド相場に移行したと認識できます。

 

これについては下の記事でも解説しているので、あわせて読んでみてください。

参考:レンジ相場の簡単な見極め方は?FXでレンジを判断する方法3つ

 

エントリーに使う

 

f:id:yukihiro0201:20180731193745j:plain

 

ボリンジャーバンドはσラインによって、価格の行き過ぎを見つけることができます。

したがって、行き過ぎた相場が反対方向に戻る動きを捕らえる「逆張り手法」のエントリーに最適です!!

 

具体的には、レンジ相場(バンドがせまく平行になっているとき)でσラインを超えてきたらエントリーします。

逆にトレンド相場(バンドが広がり平行が崩れたとき)で行うと、高い確率で損失となるので注意してください。

 

まあ逆張りは基本的に、レンジの中で仕掛けるものなので・・・

トレンド相場でうまくいかないのは、当たり前ですね。笑

 

利食いに使う

 

f:id:yukihiro0201:20180731195249j:plain

 

ボリンジャーバンドはエントリーだけでなく、イグジットでも使えます。

±σ2もしくは±σ3ラインにタッチした時点で、利食いを行うのです!!

 

±2σ・±3σラインまでいくと、価格はひとまず反対方向へ戻る可能性が高いです。

したがって、σラインタッチで利食いを入れると・・・

結果的に、頂点付近で利食いできたということが多くなります。

 

この利食い方法を使えば、利食い幅を最大化させるのに大きく役立つでしょう。

これについては、下の記事の3にも書いています。

参考:利確(利益確定)タイミングが分からない?FXの利食い方法ベスト10

 

ボリンジャーバンドの手法

 

f:id:yukihiro0201:20191203164122j:plain

 

では、上記3つの使い方を駆使したFXトレード手法を紹介しましょう!!

 

相場環境の認識

 

f:id:yukihiro0201:20180731200024j:plain

 

まず上のチャートにおいて、1の方法を使って相場環境を判断すると・・・

ボリンジャーバンドが平行になっているので、直近はレンジ相場ということが分かります!!

またレンジに入る前の値動きは下方向なので、価格は上より下に行く可能性が高いことも予想できるでしょう。

 

エントリー

 

f:id:yukihiro0201:20200514143620p:plain


こういうとき、+3σライン(上側のライン)に価格がタッチしたら・・・

そこで、売りエントリーを行うのです!!

損切りは、高値から+5~10pipsぐらいに置いておきます。

 

利食い

 

f:id:yukihiro0201:20200514141209j:plain

 

そして、利食いは反対側の-3σライン(下側のライン)まで引っ張ります!!

ちなみに僕なら、もうちょっと工夫して・・・

真ん中の線(移動平均線)と下の線(-3σライン)で、「分割決済」をしますね

 

移動平均線とσラインでそれぞれ半分ずつ利食いを入れたら、ストレスなく利益幅を増やせますよ。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を50%増やす方法とは?

 

ボリンジャーバンドの注意点

 

f:id:yukihiro0201:20191219132346j:plain

 

最後に、ボリンジャーバンドを使う上での注意点をお伝えします。

それは、バンド幅に収まる確率を過信しないことです!!

 

上で説明したように、±3σラインを越える確率は0.27%しかありません。

これは1,000回に3回ということで、「めったに起こらない」と思いがちです。

しかし実際に±3σラインを超えることは、トレンド局面ではけっこうよくあります。

 

というのも、相場の世界においては確率的にあり得ないことがよく起こるからです!!

実際につい最近アルゼンチンの株価指数では、3σを大幅に超える20σを記録しました。

 

 

この標準偏差の限界については、「ブラック・スワン」という本にくわしく書いてあります。 

 

 

特に相場急変時においては、ボリンジャーバンドは正しく機能しません。

なのでσラインの確率は、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

 

まとめ


ボリンジャーバンドは「相場環境の確認」「エントリー」「利食い」に使える、とても便利なインジケーターです。

これら3つの使い方を効果的に組み合わせることで、高勝率のトレード手法を組み立てることができます。

ただしボリンジャーバンドの確率は過信せず、必要な時にはしっかりと損切りを行いましょう。

 

FXでよく読まれている記事3つ