トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







ジャコウネコのコーヒー"コピルアク"の値段が世界一高い理由は?

f:id:yukihiro0201:20160922231429j:plain

 

先日インドネシアで、世界一値段の高いコーヒー「コピルアク」を飲んできました!!

なぜ値段が高いのか、その製造工程を見てビックリしたのでシェアします。

 

 

世界一値段が高いコーヒー

 

f:id:yukihiro0201:20170406230550j:plain

 

僕は昔バリスタになろうと、オーストラリアでコーヒーの修行をしていたことがあります。

参考:仕事探しがうまくいかずに僕は留学先で引きこもりになった

 

そのときにバリスタ専門学校の先生から、とてもおもしろい話を聞きました。

なんでも世界で最も高価なコーヒー豆は、「コピ・ルアク(コピ・ルアック)」というものらしい!!

産出量が非常に少ないために、とても貴重で高級なのだとか。

 

どれぐらい価格が高いのか、実際の値段を下のリンクから確認してみてください。

参考:コピルアク 幻のコーヒーギフト 400g |楽天市場

これ言っておきますけど、たった400gの値段ですからね!!

 

コピルアクの製造方法

 

f:id:yukihiro0201:20190411225320j:plain

 

ではなぜ、コピ・ルアクの産出量が少ないかというと・・・

なんとビックリ、ネコのウンチから取り出すからです!!

 

インドネシアには「ジャコウネコ」という、非常に珍しいネコがいます。

このネコの何が珍しいって、この子はコーヒーの実を食べるのです!!

そして消化されずに排泄されたコーヒー豆が、コピ・ルアクとなります。

 

 

このネコは本当に熟した、おいしいコーヒーの実しか食べません。

したがってこのネコのウンチから取った豆は、どれも選りすぐりの良いモノなのです。

 

またネコ腸内の消化酵素の働きによってアミノ酸が分解され、コーヒー豆に独特の風味が加わります。

それが他のコーヒーには出せない絶妙な味わいとなって、多くの人を惹きつけるのです。

 

ちなみに1匹のジャコウネコから1日に取れる豆の量は、たったの3グラム!!

これは、コーヒーカップ1杯分にもなりません。

 

いかにこのコーヒー豆が希少か、お分かりいただけるでしょう。

日本の喫茶店では、1杯8000円するところもありますよ!!

参考:1杯8000円!「糞コーヒー」は魅惑の香り? |  東洋経済オンライン

 

なぜコピルアクを飲み始めたか

 

f:id:yukihiro0201:20170406230845j:plain

 

しかし「ネコのウンチからコーヒー豆を取る」なんて、なんてバカなことを思いついたのでしょうね~

最初にコピ・ルアクを発見した人は、変人だったのでしょうか??笑

 

これについて気になったので、色々と調べてみると・・・

コピ・ルアクが飲まれるようになったのには、とても悲しい歴史があることを知りました!!

 

「コピ・ルアク」はインドネシア語です。

「コピ」はコーヒーで、「ルアク」はマレージャコウネコの現地名を意味します。

参考:コピ・ルアク - Wikipedia

 

ここから分かるように、コピ・ルアクはインドネシアが原産地です。

しかしもともとインドネシアに、コーヒーの木はありませんでした。

 

ではどうやってコーヒーが、インドネシアで取れるようになったかというと・・・

その昔インドネシアを植民地支配していた、オランダが持ち込んだのです!!

 

オランダ人たちは、インドネシアでコーヒー農園を作りました。

そしてそこでインドネシア人たちを、奴隷として働かせたのです。

 

f:id:yukihiro0201:20170406233747j:plain

 

自分たちをこき使って作られる、コーヒー豆・・・

それをおいしそうに飲む、オランダ人たち・・・

 

今まで見たこともないその飲み物を、奴隷たちは飲んでみたいと思いました。

しかし彼らは自分たちが勝手に豆を取ってコーヒーを飲むことを、固く禁止されていたのです。

 

そこで奴隷たちはしかたなく、ジャコウネコのウンチからコッソリと豆を取り出して飲むことに!! 

しかしそれが「意外とおいしいぞ」と、だんだん評判になってきたのです。

そうして、コピ・ルアクは誕生しました。

 

インドネシアで焙煎所を見学

 

f:id:yukihiro0201:20181204141906j:plain

 

インドネシア滞在中に、このコピ・ルアクを作っているコーヒー豆屋さんに僕は行くことができました。

そこでコピ・ルアクの製造過程を見せてもらい、実際に試飲もさせてもらえたのです!!

超高級コーヒーであるコピ・ルアクを、タダで飲み放題~

 

まずこれが、ジャコウネコのウンコです。笑

おそるおそるニオイをかいでみたものの、まったくクサくない!!

果物とコーヒーの実しか食べないから、ニオイがないのだそう。

 

f:id:yukihiro0201:20160507142916j:plain

 

そして、このウンコから取り出したコーヒー豆がこちら。

なんだか、ピーナッツみたいですね~

 

f:id:yukihiro0201:20160507142932j:plain

 

これを近所の奥さまが、1つ1つ手作業で皮をむいていきます。

機械で皮をむくと豆がつぶれ、酸味が逃げてしまうそうです。

なかなか、手間がかかっていますね~

 

f:id:yukihiro0201:20160507142949j:plain

 

最後に、この焙煎機で1時間ほどローストすると・・・

 

f:id:yukihiro0201:20160507143026j:plain

 

最高級コーヒー豆、「コピ・ルアク」の完成です!!

 

f:id:yukihiro0201:20160507143043j:plain

 

コピルアクを試飲

 

f:id:yukihiro0201:20160507143106j:plain

 

コピ・ルアクはカフェインが少なくて、苦みや酸味もあまりありません。

したがってこの豆はなんと、そのまま食べられます!!

僕はコーヒーの試飲と一緒に、豆も食べさせてもらいました。笑

 

コーヒー豆はカリカリしてて、とてもおいしい!!

ココナッツから作った砂糖と合わせて食べると、とても濃いコーヒーキャンディーをかじっているよう。

このコーヒー豆とココナッツ砂糖の組み合わせで売ったら、日本で大人気になるんじゃないかな??

 

さて、肝心のコーヒーはどうだったかと言うと・・・

まず香りがとても独特で、特徴的でした!!

ニオイだけで、他のコーヒーとはちょっと違うことが分かります。

 

味はスッキリ薄めで、とても飲みやすかったです。

コーヒーと言うより、紅茶を飲んでいるような印象を受けました。

でもほのかに土っぽい風味があって、野性味あふれる感じです。

 

コーヒー嫌いでも飲める

 

f:id:yukihiro0201:20181204144403j:plain

 

コーヒーとネコが大好きな僕にとっては、この上ないコーヒーでした。笑

とても飲みやすいので、コーヒーが苦手な人でもイケるかもしれません!!

 

インドネシアでは生産所に行けば、タダで試飲させてもらえますし・・・

比較的リーズナブルな値段で、豆を購入することができました。

もしインドネシアへ旅行する機会があれば、ぜひコーヒー屋さんに行ってみてください!!

 

最後に注意

 

市販の豆で「コピ・ルアク」と書いてあっても、実際は5%ほどしか入ってないものがあります!!

くれぐれもダマされないよう、ご注意ください。

 

f:id:yukihiro0201:20160507145121j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20160507145141j:plain

 

ちなみに、これが楽天で最も安かったです!!

お試しで、1杯だけ飲めるようになっています。

 

 

旅行でよく読まれている記事3つ