トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







旅行の片手間にFXして儲かるなら、家で取り組めば億を稼げる?

f:id:yukihiro0201:20160429141337j:plain

 

「旅行の片手間にFXトレードして儲かるなら、家で取り組めば億を稼げるんじゃないか??」

そんな質問を読者さんからいただいたので、旅をしながらFXトレードしている僕が答えます!!

 

 

読者さんから質問

 

f:id:yukihiro0201:20180705225203p:plain

 

先日、おもしろい質問を読者さんから受けました!!

たしかに、こういう疑問が出てくるかもしれませんね。笑

 

ゆきひろさんは旅をしながら、FXトレードをされているんですよね??

旅しながら片手間にFXトレードをやって、ちゃんと利益を出せるなら・・・

家にこもって長時間しっかりと取り組めば、億単位で稼げるんじゃないですか? ?

 
なるほど~

まず最初に、答えを言っておきましょう。

稼げません!!

 

というか、むしろ利益は減ります。

その理由を、以下に述べていきますね。

 

FXトレードで勝つには

 

f:id:yukihiro0201:20190428232139p:plain

 

FXトレードで利益を出すためには、「優位性のある取引」をしなければなりません!!

参考:FXで優位性(エッジ)のある手法って何?それは根拠を重ねること

 

「上がりそう」「下がりそう」といった感覚で、FXトレードをするのではなく・・・

利益につながるところを検証で見つけ、そこだけを狙い撃つというやり方です。

参考:大切なのは勝率と損益率の2つだけ!FX手法の正しい検証方法は?

 

しかしそんなおいしいポイントが、相場にゴロゴロと転がっているわけではありません。

したがってFXトレードではムダな取引をせず、有利なポイントが来るまでジッと「待つ」ことが重要です。

参考:FXでがんばっても成果が出ない人はチーターをマネてみると良いよ

 

旅をFXに利用する

 

f:id:yukihiro0201:20190706182001p:plain

 

そして僕は、その「待つ」時間を利用して旅をしているのです!!

 

モニターの前に座って、ただじっと待っておくことは苦痛なんですよ。

やっぱりチャートを見ていたら、FXトレードしたくなりますしね。笑

参考:無駄トレードを減らす方法は?FXの待ち時間はチャートを見ない

 

しかしその時間を利用して外出すれば、それは苦痛な時間とはなりません。

むしろ気分をリフレッシュでき、精神的に良い状態でFXトレードに取り組めるようになります。

つまり僕は旅の片手間にFXトレードをしているのではなく、FXトレードの収益向上のために旅を利用しているのです!!


したがって旅の時間を削ってFXトレードにあてても、ダメトレードとイライラが増えるだけでしょう。笑

稼げる額が増えるどころか、逆に減ってしまうと思います。

 

FXに時給的な考えはNG

 

f:id:yukihiro0201:20190325143322p:plain

 

 

これは、よく誤解されていることなのですが・・・

FXトレーダーの収益は「長い時間働けば稼げる額も増える」という、時給的なものではありません!!

 

どれだけ長い時間をかけて勉強し、FXトレードに力を注いだとしても・・・

稼げないどころか、マイナスになることだって十分にありえるのです。

参考:負け続けでFXやめたい!連敗したときの心理学的な対処方法は?

 

「たくさん働いたから、いっぱいお金をちょうだい」

そんなサラリーマン精神でFXトレードをしていると、だんだんと自分が苦しくなっていきますよ。

もし時給的な考えでFXトレードに取り組んでいる人がいるなら、今すぐ考え方を変えた方が良いですね。

  

参考書籍

 

 

待つことの重要性は、以前に紹介した「待つFX」を読むとよく分かります!!

参考:FXデイトレードのおすすめ本12選!100冊以上の書籍から厳選した

ただの主婦が月に数百万も稼げるようになった理由は、やっぱりこの「待つ」ことの重要性に気づいたからなのでしょう。

 

まとめ

旅をしながらFXトレードをしている僕ですが、旅をやめたからといって利益が増えるわけではありません。
なぜなら僕はFXトレードの優位性を保つため、あえて待ち時間を旅に使っているからです。
FXトレーダーの収益は「長い時間働けば稼げる額も増える」という、時給的なものではありません。
 

FXでよく読まれている記事3つ