トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







ゼロカットでお得?FXは海外口座ですべきでないたった1つの理由

f:id:yukihiro0201:20160308165132j:plain

 

最近「ゼロカットでお得だから海外FXでトレードしよう」という広告やブログを、たくさん見かけますね。

今日はなぜ海外口座でFXトレードすべきじゃないか、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えしましょう!!

 

 

FXのレバレッジが規制か

 

f:id:yukihiro0201:20191219132346j:plain

 

以前、「FXのレバレッジが25倍から10倍になるかも」というニュースが出ました!!

 

 

ちなみにFXって、つい最近までレバレッジの規制はなかったんですよ。

僕がFXを始めた2007年ごろ、各FX会社は「少額でもオッケー」を売り言葉にどんどんハイレバレッジ化していってましたね。笑

個人でも400倍とか、今とはケタ違いの倍率で取引することができていました。

 

しかしこの状況を懸念していた金融庁は、個人のFX取引にレバレッジ規制を行います。

その結果として2010年から最大50倍、2011年から最大25倍となったのです。

 

ちなみに2017年からは、法人口座のレバレッジも規制されましたよ。

参考:FX取引の規制について|一般社団法人 金融先物取引業協会

 

海外口座でFXすべきか

 

f:id:yukihiro0201:20191221123728j:plain

 

そのレバレッジ規制の報道を受けて・・・

海外口座で、FXトレードを行おうかと検討する人が出てきました。

 

 

しかしこれ、個人的にものすごくリスクの高い行為になると思っています!!

 

海外で働いてきて分かったことですが、海外企業(特に欧米)は非常にドライです。

合理化やグローバル化を、徹底的に追求してきた結果でしょう。

それがときに、顧客の不利益となることがあります。

 

たとえば以前、僕が香港の投資会社で働いていたとき・・・

「オーストラリアの不動産投資ファンドがつぶれた」というニュースが流れました。

 

お客さんの中にそのファンドへ投資している方がいたので、他人事ではありません。

急いでその詳細を問い合わせてみると、以下のような冷たい返事が返ってきました。

 

経営再建のため、〇〇というコンサル会社と契約しました。

今後、問い合わせはそちらにしてください。(連絡先) 

 

「何だその対応?!」とイラ立ちましたが、怒っても仕方ありません。

そこに記載されていた連絡先に、あらためて問い合わせてみました。

すると今度は、以下のようなそっけない返事が返ってきたのです。

 

今後の動向は、裁判によって決められます。

くわしくは、添付の資料をご確認ください。

(法律用語満載の裁判資料PDF100ページが添付)

 

その後どんな問い合わせをしても、同じ返事しか返ってこず・・・

仕方がないので、英語で書かれた裁判資料をヒイヒイ言いながら和訳しましたよ。笑

 

そして分かったことは・・・

お客さんの投資金は、ほとんど返ってこないということ。笑

お客さんから預かったお金は分別管理しているというのも、事実上は機能していませんでした。

 

海外金融機関の怖さ

 

f:id:yukihiro0201:20170922195106p:plain

 

海外の金融機関は基本、世界を相手にビジネスをしています。

したがって彼らは、あまりお客さんやそのお金を大切にしない傾向があるのです!!

国外からわざわざクレームに来る人は少ないと分かっているから、けっこう扱いが雑です。

そこでお客さんにそっぽを向かれても、新たな顧客はまだ世界中にたくさんいるから気にしません。

ひどいところだと、「この会社はいったんつぶして新会社を作ろう」みたいな感覚でやっています。

 

海外のFX会社にありがちな、「ゼロカット・システム」もそうです。

あれは単に全世界に散らばる顧客相手に、債権回収するのは大変だからゼロカットにしているだけで・・・

別に、お客さんの利益を考えてやっているわけではありません!!

 

普通に考えて、タダで負けをチャラにしてくれる会社なんてあるわけないじゃないですか??

当然、そこには裏があるわけです。

それについては、ネットやツイッターで検索すればたくさん出てきます。

 

実際に日本国内で、被害はたくさん出ていますね。

参考:海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!|財務省

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というかそもそも、海外業者が日本のレバレッジ規制等守らずに日本居住者と取引するのは違法です!!

つまり「海外口座でハイレバレッジ取引するぞ」っていうのは、「違法業者と取引するぞ」ってことなんですよ。

また海外FXを勧誘している人やブログも、金融証券取引法の違反で罰則を受けます。

 

f:id:yukihiro0201:20170928104402j:plain

参考:海外に所在する無登録業者によるFX取引等の勧誘等に注意!:関東財務局

 

日本のFX会社はまだ安心

 

f:id:yukihiro0201:20191203164122j:plain

 

日本のFX会社は良くも悪くも内向きで、日本国内のマーケットしか見ていません。

広く海外展開している日本のFX会社なんて、ないですよね??

 

日本なんて1億人ちょっとの小さなマーケットなので、変なウワサが立ったら死活問題です。

したがって日本のFX会社は、お客さんやそのお金をより大切に扱う傾向にあります!!

 

たとえばYJFX!で顧客情報が流出したとき、会社の方から積極的に情報提供を行っていました。

参考:顧客情報持ち出しに関するご報告|YJFX!

ご丁寧に、国民生活センターの相談窓口まで記載していますね。笑


僕は海外の口座でトレードしていたこともありますが・・・

上記のような経験もあり、国内FX会社を使うようになりました。

大切なお金を預けるのに、あなたはどちらを使いたいですか??

 

日本のFXは最先端

 

f:id:yukihiro0201:20191126115720j:plain

 

「日本のFXシステムは欧米と比べて遅れている」と言う人がいますが、それも間違いです。

実際に日本は、世界最大のFX市場となっています!!

参考:世界のFXの57%占める日本の投資家が市場活性化妨げる懸念も


日本がここまで盛り上がっているのは、海外と比べて取引手数料が安いからです。

しかもFX会社同士の激しい競争の末、一昔前にたくさんあった粗悪な企業は排除されています。


日本のFXトレーダーが特別に良い環境にいることは、海外のFX会社であるオアンダの社長も述べているところです。

参考:1ドル取引、土日取引が可能なFX会社!?日本上陸したOANDA(オアンダ)って何だ?

 

ちなみにオアンダは、日本できちんと金融商品取引法上の登録を受けています。

まともな海外業者は、みんなそうですよ。笑

 

まとめ

 

海外口座でFXを行うのは、ものすごくリスクの高い行為となります。

海外まで追って来れないことを良いことに、彼らは出金拒否など何でもありです。

手数料が安くて万が一のときも対応してくれる、国内FXを利用しましょう。

 

FXでよく読まれている記事3つ