トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







損小利大で高勝率!FXのレンジブレイクアウト手法を無料で公開

f:id:yukihiro0201:20160111163134j:plain


「大きく利益が取れて、勝率も高いFXトレードの手法がないかな~」とお探しのアナタへ。

とっておきのFXブレイクアウト手法を、FX歴10年以上の専業トレーダーが無料で公開します!!

 

 

このレンジブレイクアウト手法の優位性

 

f:id:yukihiro0201:20191012143957j:plain

 

このレンジブレイクアウト手法は、以下3つの優位性から成り立っています!!

 

1. レンジブレイクアウト

2. 長期足の相場環境

3. 値が動きやすい時間帯

 

では手法の詳細について、以下でくわしく説明しましょう。

 

レンジの確認

 

f:id:yukihiro0201:20191010021206j:plain

 

まずFXトレードを仕掛ける前提として、15分もしくは30分足でレンジとなっている通貨ペアを探しましょう!!

レンジになっているかの判断に迷うときは、下の記事を参考にしてください。

参考:レンジ相場の簡単な見極め方は?FXでレンジを判断する方法3つ

 

僕は下のチャートのように、見た目が明らかにレンジで・・・

3本の移動平均線がそのレンジの真ん中をからまりながら、水平に推移しているものを選んでいます。

 

f:id:yukihiro0201:20160111164621j:plain

 

3本の移動平均線の期間設定は、下の記事を参考にしてください。

参考:最強はフィボナッチ数列?FX移動平均線の期間設定の組み合わせ

 

そうやってレンジを見つけたら、レンジの高値と安値に水平ラインを引きます。

コツは、ヒゲも含めて一番高いところ・低いところに線を引くことです。

 

長期足の確認

 

f:id:yukihiro0201:20191024115549j:plain

 

レンジを見つけることができたら、次に長期足の相場環境の確認です。

ブレイクアウトのだましにあわないため、長期足で以下の3つを確認しましょう!!

 

1. 長期足もレンジになっていないか

2. 移動平均線がジャマしていないか

3. 直近の安値・高値ラインがないか

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明します。

 

1. 長期足もレンジとなっていないか

 

f:id:yukihiro0201:20191024123141j:plain

 

1時間足・4時間足・日足で、レンジとなっていないか確認しましょう!!

 

もし長期足もレンジだと、ボラティリティは縮小局面で値が伸びにくいです。

参考:FXのボラティリティとは?値動きを測るインジケーターまとめ

また長期レンジのラインではね返され、損切りになる可能性もあります。

 

 

2. 移動平均線がジャマしていないか

 

f:id:yukihiro0201:20160112172838j:plain

 

1時間足・4時間足・日足の移動平均線が、利食いをジャマしていないか確認しましょう!!

 

移動平均線がエントリーポイントの近くにある場合、それが抵抗線となる可能性があります。

またこれを確認することで、自然と長期足のトレンド方向に沿ったエントリーとなるのです。

参考:FXの相場環境認識って実は簡単!見るべきたった2つのものとは?

 

3. 直近の安値・高値ラインがないか

 

f:id:yukihiro0201:20160112173011j:plain

 

1時間足・4時間足・日足で、直近の安値(高値)のラインがひかえていないか確認しましょう!!

 

最安値や最高値のラインというのは、分かりやすい強烈な抵抗線です。

したがってこの線が近くにある場合、僕はエントリーを控えるか、値がこのラインを超えるまでエントリーを待ちます。

 

また似たようなもので、前回のブレイクアウトのダマシにも気を付けましょう!!

 

f:id:yukihiro0201:20160112173040j:plain

 

エントリーとイグジット

 

f:id:yukihiro0201:20191010022256j:plain

 

長期足を確認して大丈夫そうであれば、あとはレンジブレイクを待つだけです。

下のブログで書いた「値が動きやすい時間帯」にレンジを突破したら、エントリーしましょう!!

参考:FXは時間帯によって値動きに特徴あり!おすすめの取引時間は?

 

f:id:yukihiro0201:20160111164931j:plain

 

僕は主に、以下2つの時間帯でエントリーをしています。

どちらも冬時間の場合であり、夏時間には1時間はやまりますよ。

 

・ロンドン時間の16~18時

・ニューヨーク時間の23~1時

 

レンジブレイクの判断については、下の記事を参考にしてください。

参考:ローソク足だけで簡単!FXラインブレイクを判断する手法とは?

 

僕は下のチャートのように、5分足の実体(ヒゲでない部分)がラインをまたぐか・・・

ラインの外側で確定したら、ラインを突破したと判断しています。

またこの突破した5分足は買いエントリーなら陽線、売りエントリーなら陰線でないといけません。

 

f:id:yukihiro0201:20160111164847j:plain


損切りは、突破したラインの内側に8~12pipsズラして置きます。

「8~12」と幅があるのは、通貨ペアによってズラす幅を変えているからです。

参考:FXの損切りとは?なぜ重要か?損切りラインの目安と設定の方法

 

そして利食いは、以前に下の記事で説明した「分割決済」を利用します。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を50%増やす方法とは?

 

たとえばラインから10pips突破したところでエントリーし、ラインの内側に10pipsズラして損切りを置いたとしましょう。

すると建値から損切りまでの幅は、下の計算のように20pipsとなります。

ライン突破分10pips + 内側へズラす分10pips = 20pips

 

するとまず、20pips順行した時点で、ポジションを半分だけ利食うのです。

そして残りのポジションは、建値まで損切りラインを引き上げます。

 

 

そしてさらに20pips順行したら、残りのポジションも決済します。

これによって、ストレスなく利益を伸ばすことができますよ!!

 

追記:この手法を改良

 

f:id:yukihiro0201:20191014134948j:plain

 

この手法を使うようになって、1年以上が経ちました。

その間に、いくつか手法の改善を行いましたよ!!

主な改良点は、以下の2つです。

 

1. エントリー方法

2. 時間による損切り

 

ではそれぞれについて、以下にくわしく説明しましょう。

 

1. エントリー方法

 

f:id:yukihiro0201:20191010020902j:plain

 

これまで、5分足でライン突破を判断してからエントリーしていました。

しかし今は、ラインから10pips越えた時点でエントリーしています!!

 

これによって、5分足でいちいちタイミングを取る必要がなくなりました。

また、指値での自動エントリーも可能です。

さらに損切り幅が一定になるので、利食い幅の計算をするのも楽ちん!!

 

ちなみに、5分足でエントリーする場合と10pips越えでエントリーする場合とで検証をしましたが・・・

両者の成績に、大きな違いは見られませんでした。

 

2. 時間による損切り

 

f:id:yukihiro0201:20191020164210j:plain

 

これは、下の記事で8番目に出てくる損切り方法です。

参考:FXの損切り方法10選まとめ!自分に合ったロスカットを探す

このFX手法では、エントリーから1時間が経った段階で決済を考えます!!

 

たとえば1時間後にポジションがマイナスなら、その時点で損切りをしますし・・・

ポジションがプラス(しかし利食いポイントまで行っていない)なら、そのままです。

 

この手法を取り入れたのは、以前に紹介した魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門を読み直してからです。

参考:FXデイトレードのおすすめ本12選!100冊以上の名著から厳選した

 

 

この本には以下のように書いてあります。

 

疑いを持ったら、すぐに撤退すべし。

仕掛けた後に動きが鈍ったら、逆指値が執行される前に撤退すること。

 

ブレイクアウトは短時間で、値が大きく伸びる傾向にあります。

これは言い換えると、時間がある程度たっても値が伸びない場合・・・

そのブレイクアウトは、失敗となる可能性が高いということです。 

 

つまり、ブレイクアウトを狙ってエントリーをしたにもかかわらず・・・

1時間が経っても値が建値付近でウロウロしていたら、迷わず切るべきということ!!

 

僕はこの「タイムストップ」を取り入れてから、このFX手法での損失額が大きく減りました。

その結果、残る利益が大きくなっています。

 

この時間による損切りについては、実際のトレード動画でくわしく解説していますよ。

よりくわしく学んでみたいという方は、ぜひチェックしてみてください!!

 

 

 

自分向けにカスタマイズしよう

 

f:id:yukihiro0201:20191020110958j:plain

 

このFXライントレード手法をそのままマネしても、利益を出せるとは限りません。

大切なことは、自分向けにカスタマイズすることです!!

 

まずはこの手法をそのまま、何もルールを変えずに使ってみましょう。

少なくとも50回はそれでみて、その結果を細かく記録するのです。

参考:FX売買記録の書き方!トレードノートに残すべき10の項目とは?

 

この作業を行うのに、FX会社が提供しているデモトレードシステムを使っても良いですが・・・

検証ソフトを使った方が早くデータを取れて、分析もしやすいでしょう。

 

ちなみに僕は、Forex Testerという検証ソフトを使っています!!

(ページ右上から日本語に変更することが可能です)

一番有名なFX検証ソフトなので、色々な書籍やネット上にその使用法や活用術が載っていますよ。

 

次に記録したトレードを「勝ち」と「負け」に分け、それぞれのトレードにおける共通点を洗い出しましょう。

そしてそれらの共通点から「どうトレードルールを変更したら、より勝てる手法になるのか」を考えるのです!!

 

そうやって改善した手法で、再び50回以上トレードしてみます。

それを前回のトレード結果と比べて、勝率などの数値が改善されているか確認するのです。

これを繰り返すことで、より良い手法を作り上げていきます。

 

この検証作業のやり方については、下の記事にくわしく書いているので参考にしてください。

参考:初心者必見!バックテストのやり方と検証結果から手法を作る方法

 

前回とまったく同じ期間のチャートで検証を行えば、正しい改善結果を得られます。

そういった面から言っても、過去にさかのぼってトレードができるForex Testerを使った方が良いですよ。

 

読者の皆さんが自分の手法を確立する上で、この記事が参考になればうれしいです!!

 

FXでよく読まれている記事3つ