海外旅行でお金の持ち方は?現金の隠し場所や安全な管理方法5つ

f:id:yukihiro0201:20151005172125j:plain

 

「海外旅行で、治安の悪いところへ行く場合のお金の持ち方は?」という方へ。

現金の隠し場所や安全な管理方法を、月1で海外に行っている僕がお伝えします!!

 

 

海外旅行ではトラブルが多い

 

海外旅行でよくあうトラブルの1つは、「盗難」です。

特に「日本人はお金持ち」というイメージが外国にはあるようで、強盗やスリのターゲットになりやすい!!

こういう僕も最近、フィリピンのマニラでスマホを盗まれました。笑

 

 

また海外旅行では、いつもとは違う日常につい気がゆるんでしまいます。

その結果として、忘れ物や落し物をしてしまいがちです。笑

 

安全なお金の持ち方

 

いざそういったトラブルに巻き込まれ、手持ちのお金を失ったとき・・・

事前に準備や対策を行っていれば、被害を最小限におさえることができます。

海外旅行での安全なお金の持ち方は、以下の5つです!!

 

1. 財布を2つ持っていく

2. お金を隠し持っておく

3. 緊急時の連絡先を持っておく

4. ブランドの違うクレカを持つ

5. 国際キャッシュカードを持つ

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

1. 財布を2つ持って行く

 

僕は旅に出るとき、普段使っている財布と旅行用の財布の2つを持って行きます!!

そして旅先でホテルから出かけるときは・・・

必要最低限の現金とクレジットカードを1枚、普段用から旅行用に移して持って出るのです。

 

普段用はバックパックの隠しポケットに入れて鍵をかけ、宿に置いておきます。

こうすることで万が一、旅行用の財布を落としたり盗まれたとしても・・・

普段用の財布に残ったお金で、旅を続けることができるのです!!

 

旅行用の財布は間違っても、ブランド物なんかにしてはいけませんよ。笑

むしろパッと見、財布に見えないようなものを持っていくと良いでしょう。

たとえば下のようなポーチだと狙われにくく、またハンカチ代わりにもなるのでおすすめです!!

 

 

2. お金を隠し持っておく

 

出先で強盗や盗難にあってお金を無くすと、宿に帰ることが困難になります。

現地の言葉を話せなければ、警察などにも相談できません。

 

そこで数千円程度の現金を、財布以外の場所に隠し持っておきましょう!!

こうしておけば、出先で財布を盗まれたり落としたりしたとしても・・・

隠していたお金を使い、とりあえずタクシーに乗って宿に帰ることはできます。

 

僕的にお金の隠し場所として使い勝手が良いのは、スマホカバーの裏ですね。

また隠しポケットの付いたマネーベルトなんかあれば、最高です!!

 

 

僕は靴下に仕込んでおいたお金で、一度助かったことがあります。笑

参考:一人旅は注意!オーストラリアのメルボルンで黒人に殺されかけた

 

3. 緊急時の連絡先を持つ

 

クレジットカードを盗まれたら、すぐにカード会社へ連絡しなければいけません。

また無一文になれば、家族に連絡を取ってお金を振り込んでもらうことになるでしょう。

 

そのために僕は、家族・カード会社・海外旅行保険の緊急連絡先をスマホに保存しています!!

またパスポートの最後のページにも、これらの連絡先を鉛筆で書いているのです。

こうすることで万が一トラブルに巻き込まれても、スムーズに行動することができます。

 

また面倒でなければ、その国の日本大使館の連絡先も記録しておくと万全です。

いざというとき、日本大使館はとても心強い味方になってくれますよ!!

参考:海外旅行で盗難!一文無しが日本大使館からお金を借りた体験談

 

4. ブランドの違うクレカを持つ

 

多額の支払いを、現金なしで決済することができ・・・

ATMから現地通貨を引き出すこともできるクレジットカードは、旅の強い味方です!!

参考:外貨両替の方法7つを比較!FXとクレカのコンビが最強な理由は?

 

しかし場所によっては、使えるクレジットカードのブランドが限定されていることも・・・

そういったときに困らないよう、複数のブランドを事前にそろえておきます!!

 

ちなみに、世界で普及率が高いのは「ビザ(VISA)」と「マスター(MASTER)」です。

したがって少なくとも、この2つは絶対に持っておくべきでしょう。

 

クレカを1枚しか持っていないという人は、海外旅行保険が付いたカードを新たに作ると良いです!!

参考:海外旅行保険には入らない!実は入らなくても大丈夫な理由とは?

海外旅行保険の準備もタダでできて、一石二鳥ですよ。

 

5. 国際キャッシュカードを持つ

 

国際キャッシュカードは手数料が高いので、あまり僕は使いませんが・・・

お金を手に入れる手段の1つとして、万が一のために持っておいても良いでしょう!!

 

国際キャッシュカードとは、海外のATMでも使えるキャッシュカードのことです。

クレジットカードのような審査がないので、未成年でも持つことができます。

日本の銀行に預けているお金を、手軽に現地通貨で引き出すことができるので便利です。

 

ジャパンネット銀行や楽天銀行など、ネット系銀行だと手数料が安いですよ!!

クレジットカードのようにカード提示で支払いができる、デビット機能が付いているものもあります。

自分が主に使っている銀行でも、国際キャッシュカードが発行できないか調べてみましょう。

 

まとめ

 

日本より治安の良いところはそうないので、海外ではどうしてもトラブルに遭遇する可能性が高いです。

しかし旅先でのトラブルの大半は、お金で解決することができます。

だからこそ、お金まわりのセキュリティはしっかりとしておきたいですね!!

 

旅行でよく読まれている記事3つ

 

プライバシーポリシー・免責事項