トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXでレンジ相場の見極め方は?レンジ・トレンドを簡単に判断する方法3つ

f:id:yukihiro0201:20180325174740j:plain


今の相場がトレンドなのかレンジなのか、見極めに迷うときってありますよね??

今日は誰でも簡単にレンジ相場を判断する方法を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

 

 

レンジ相場とは

 

f:id:yukihiro0201:20150914182925j:plain

 

レンジ相場とは、ある一定の値幅で価格が上下している状態のことです!!

別名「ボックス」、もしくは「保合(もちあい)」とも言います。

 

上図のように抵抗線では売りの力が、支持線では買いの力が効いている状態です。

売りと買いが同じぐらいの力でせめぎ合っているため、方向性が出にくくなっています。

そして買いか売り、どちらかの力が上回るまでこの状態は続くのです。

 

これは皆さん、きっと見慣れたチャートパターンでしょう。

実際に「相場の7割はレンジ相場」と、FXトレードではよく言われるので。笑

 

このレンジというものは、細かく見ていくと色々なパターンがあります。

そのパターンについて、くわしくは下の記事を読んでください。

参考:レンジパターン全8つ攻略!相場の形でFXの値動きを予想する

 

レンジ相場の特徴

 

f:id:yukihiro0201:20191024115549j:plain

 

レンジ相場の最大の特徴は、「抜けた後に大きく伸びる」ということです!!

 

レンジで推移している間も、売買は絶えず行われますが・・・

値幅が少なく利益が出ないので、その売買のほとんどは決済されずに残ります。

つまりレンジが続く限り、ドンドンとそこに注文がたまり続けるのです。

 

そんな状態でたとえば、価格がレンジを上に抜けた場合・・・

そこから相場は、すごい勢いで上昇を始めます!!

 

f:id:yukihiro0201:20150915151648j:plain

 

なぜなら、それまでにたまった注文が一気に決済されていくから!!

 

レンジの中で売っていた(ショートしていた)人たちはみんな、損切りに走ります。

したがってそこで大量の決済買いが入り、大きく伸びていくのです。

 

これを「ブレイクアウト」とか、「保合放れ(もちあいばなれ)」と言います。

 

ブレイクアウトについて、くわしくは下の記事を読んでください。

参考:損小利大で高勝率!FXのレンジブレイクアウト手法を無料で公開

参考:FXブレイクアウト手法に最適!高勝率なレンジブレイクの形は?

 

レンジ相場の見極め方

 

f:id:yukihiro0201:20191219112508j:plain

 

このレンジ相場を見極めることは、FXトレードをする上でとても大切となってきます。

なぜなら順張り・逆張りどちらの手法においても、レンジという局面は重要になってくるから!!

 

逆張り派の主戦場はレンジなので、これが見分けられないとお話になりませんし・・・

また順張り派でもブレイクアウトを取ろうと思ったら、まずレンジを探さないといけません。

 

しかしレンジ相場を判断するのって、状況によってはとても難しいです。

なのでここでは、簡単にレンジを見分ける方法を3つ伝授します!!

 

1. 見た目で判断する

2. 移動平均線で判断する

3. ボリンジャーバンドで判断する

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

1. 見た目で判断する

 

f:id:yukihiro0201:20200117210915j:plain

 

これはもうそのまんま、チャートやローソク足の見た目から判断する方法です。

分かりやすいレンジだと、高値と安値の水準がキレイにそろいます。

またレンジのときは陽線と陰線が交互に出やすく、ローソク足の色が続きません。

 

2. 移動平均線で判断する

 

f:id:yukihiro0201:20200117210933j:plain

 

レンジ相場のとき、移動平均線は傾きがなくなって水平に推移するようになります。

また複数の移動平均線を表示させている場合は、お互いにからまってくるのです。

このからまった移動平均線がレンジの真ん中に来るよう、ラインを引きましょう。

 

3. ボリンジャーバンドで判断する

 

f:id:yukihiro0201:20200117210906j:plain

 

レンジ相場のとき、ボリンジャーバンドの幅は一定になります。

そしてボリンジャーバンドの線は、水平に推移するようになるのです。

バンドの中央線がレンジの真ん中に来るよう、ラインを引きましょう。

 

複数を組み合わせて判断せよ

 

f:id:yukihiro0201:20191219130245j:plain

 

個人的には、1と2の組み合わせが分かりやすいと感じています!!

したがって僕はレンジ相場を判断するとき、まず移動平均線が水平に推移しているところを探して・・・

そこからチャートの形で、最終的な判断を下すという流れですね。

 

2の方法でブレイクアウトに最適なレンジを見分けるやり方を、動画でくわしく解説しています。

さらに理解を深めたい方は、ぜひご覧ください!!

 

 

まとめ

 

レンジ相場とは、ある一定の値幅で価格が上下している状態のことです。

レンジ相場の見極め方としては、「見た目」「移動平均線」「ボリンジャーバンド」の3つがあります。

これらを複数組み合わせて見ることで、簡単にレンジかトレンドかを判断できるようになるでしょう。

 

FXでよく読まれている記事3つ