トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXの環境認識って実はとても簡単!見るべきたった2つのものは?

f:id:yukihiro0201:20170717185356j:plain

 

FXトレードにおける相場の環境認識って、実はとても簡単です!!

見るべきたった2つのことを、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えしましょう。

 

 

環境認識の方法とは

 

f:id:yukihiro0201:20170626203353p:plain

 

以前、「自分の手法が機能する相場環境を選んでFXトレードすることが重要」という話をしました。

参考:FXで億万長者が生まれるのはなぜ?手法はセットアップが大事な理由

 

ではその「自分の手法が機能する相場環境」は、どうやって判断すれば良いのでしょうか??

それは、長期足の確認です!!

 

より大きな時間足での相場状況をチェックし、これから行うFXトレードに対して不利な点がないかを調べます。

「マルチタイムフレーム分析」なんて、カッコいい名前で呼ばれたりもしますね。

 

見るべきポイント2つ

 

f:id:yukihiro0201:20191219112508j:plain

 

長期足で見るべきポイントは、2つあります。

それは、「トレンド」と「ライン」です!!

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。

 

トレンド

 

例として、1時間足で上方向へのブレイクアウトが発生したとしましょう。

 

f:id:yukihiro0201:20150808144841p:plain

 

しかし日足を見ると、下図のようにキレイなダウントレンドを形成していました。

 

f:id:yukihiro0201:20150808144916p:plain


この場合、僕はエントリーを見送ります。

なぜなら大きな時間足ではダウントレンドであり、下方向への力が強くかかっていると考えられるからです。

強烈なダウントレンドに押さえ込まれ、上方向へのブレイクアウトはダマシに終わる可能性が高いでしょう。

 

トレンドは時間枠が大きくなるほど、強くなります!!

1時間足のトレンドが小波だとすれば、日足のトレンドは大波です。

小波が大波に逆らってみても、最終的には大波に飲み込まれて流されてしまいます。

 

したがって相場の環境認識では、自分が長期の時間足におけるトレンドに逆らっていないかを確認するのです。

参考:FXのトレンドフォロー手法が驚くほど機能する相場環境2つとは?

 

ライン

 

こちらも例として、1時間足で上方向へのブレイクアウトが発生したとしましょう。

 

f:id:yukihiro0201:20150808144841p:plain

 

しかし日足を見ると、下図のようにキレイなレンジを形成していました。

 

f:id:yukihiro0201:20150808145250p:plain

 

これでもやはり、僕はエントリーしないと思います。

なぜなら強力な抵抗線がすぐ上にひかえており、はね返される可能性が高いからです。

 

トレンドと同様に、ラインも長期足のものになるほど強力になります!!

なぜなら長期足のラインは、短期トレーダーと長期トレーダーの両方が見ているからです。

参考:FXのおすすめ時間足は日足!日足トレードが最強な理由3つとは?

 

認識している人が多いほど、ラインは機能する可能性が高くなります。

だって多くの人が「ここで反発する」と考えて反対売買すれば、実際に値はそのように動きますからね。

 

確認する時間足

 

f:id:yukihiro0201:20170704182045p:plain

 

僕は5分足でエントリーするのですが、それまでに以下4つの時間足を確認します!!

 

・15分足

・1時間足

・4時間足

・日足

 

実際、どうやってこれらを見ているかについては・・・

僕のFXトレード動画を見ると、イメージが付きやすいでしょう。

参考:トレード解説 - YouTube

 

ただし、これらすべてを絶対に見なければいけないというわけではありません。

「自分は30分足が判断しやすい」というなら、そっちを見ても良いですし・・・

「自分は4つも見ると混乱する」という方は、2~3つにしぼってもかまいません。

 

しかし少なくとも、「日足」は確認した方が良いですね!!

参考:FXのおすすめ時間足は日足!日足トレードが最強な理由3つとは?

 

ベストな時間足

 

f:id:yukihiro0201:20190324051107p:plain

 

上記のように複数の時間足を見ていると、1つ問題が出てきます。

それは、それぞれの時間足でトレンド方向が違うということ!!

 

そもそもすべての時間足のトレンド方向が一緒という、分かりやすい相場はそうありません。

「日足ではアップトレンドだけど4時間足ではダウントレンドだ」なんてことは、しょっちゅう起こります。

すると、どちらに方向にエントリーすべきか迷ってしまうのです。

 

では、それにどう対処するか??

その答えは、以前に紹介した「投資苑2」という本に載っていますよ!!

参考:FXデイトレードのおすすめ本12選!100冊以上の名著から厳選した

 

 

長期トレンドの方向は、自分好みの時間足のおよそ5倍の足を中心に判断する

 

また「魔術師たちの心理学」という本にも、以下のように書いてあります。

 

 

モニタリングは、エントリー時の時間足より5~12倍長いものが良い 

 

つまり、5倍の時間足を見れば良いのです!!

 

具体的に、これを説明しましょう。

たとえば、1時間足のレンジで上抜けが発生したとします。

f:id:yukihiro0201:20150816143327p:plain

 

そして上位足を見ると・・・

4時間足はアップトレンドでしたが、日足はダウントレンドでした。

 

f:id:yukihiro0201:20191227173834j:plain

f:id:yukihiro0201:20191227173948j:plain

 

この場合は、1時間×5に近い「4時間足」のトレンドを重視します!!

4時間足はアップトレンドなので、「この上抜けについていって良い」という判断になるのです。

 

時間足は複数見るべし

 

f:id:yukihiro0201:20170626203147p:plain

 

ここで、「じゃあ5倍の足だけ見ればいいじゃん」と思う方もいるでしょう。

それでもやっぱり、僕は複数の時間足を見ることをおすすめします!!

 

だってもしかしたら日足に強い抵抗線があり、利食いのジャマとなっているかもしれません。

4時間足だけを見ていたらそれに気づかず、割に合わないトレードを行うハメになるでしょう。

 

また「日足のトレンド方向は逆だぞ」ということが頭の片隅にでも残っていれば、FXトレードをより有利に運べるようになります。

長期的には日足のトレンドの影響を受けると考えられるので、「今回の取引は早めに決済しよう」といった戦略が立てられるのです。

 

・複数の時間足をチェックする

・トレンド判断は5倍の足を重要視する

 

これがFXトレードにおける、環境認識の最適解ですね!!

 

まとめ

 

自分の手法が機能する相場環境を認識するには、長期足のトレンドとラインを見ましょう。

これらが自分の手法に不利に働く場合、無理にエントリーを行うことはしません。

長期足は複数見ることを心がけ、迷ったらエントリーする足の5倍の時間足を優先します。

 

FXでよく読まれている記事3つ