トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







トレードの調子が悪い…FXでスランプから脱する最強の方法は?

f:id:yukihiro0201:20190502184929j:plain

 

「FXトレードの調子が悪くてミスが続いている」となげき、解決策を探している方へ。

スランプから脱する最強の方法を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

 

 

FXで5回連続ミス

 

f:id:yukihiro0201:20191010021142j:plain

 

どうしようもなく不安になるときってありますよね??

何をやってもうまくいかず、どうしたら良いのか分からなくなる・・・

 

僕も、ちょっと前にありました。

FXトレードで、5回連続のミスを犯してしまったのです!!

 

まずミスが2回重なった時点で、「ちょっとおかしいな」と感じました。

それから注意して、取引をするようにしたのですが・・・

いつもどこかで抜けがあり、あれよあれよという間に5連続ミスに拡大!!

 

「これは明らかにおかしい」 と感じた僕は、ひとまずFXトレードを止めることにしました。

想定を超えた連敗が続いた場合、ひとまず取引から離れるのが心理学的に正しい対処方法です。

参考:負け続けでFXやめたい!連敗したときの心理学的な対処方法は?

 

悩みを解決する公式

 

f:id:yukihiro0201:20191014133554j:plain


このときは本当に、不安が頭から離れませんでした。

何をやっても裏目に出るようで、どうしたら良いのか分からなくなったのです。

 

でもFXトレードをやっているとたまにこういう試練がやってくるんですよね~笑

こういうとき、僕はいつも「道は開ける」という本を思い出します!!

 

 

この本は、デール・カーネギーの著書です。

とても有名な本なので、知っている方も多いと思います。

 

悩みを解決する方法を教えてくれる名著で・・・

初出版から70年近く経った今でも、世界各国でベストセラーを続けている驚異の本です!!

 

この本には「悩みを解決する公式」として、以下の4項目が載っています!!

 

1. 問題を把握する

2. 問題の原因を探る

3. 解決策を複数考えてみる

4. 最も望ましい解決策を実行する

 

人が不安を感じるときは、何が問題か分からないときです。

自分の抱えている問題が何なのか、つかめていなければ・・・

それを解決する手段も見つからないので、途方に暮れてしまいます。

 

逆に言うと、問題を把握しさえすれば不安は解消されるのです!!

何が問題が分かれば、それに合わせて対応策を練ることができます。

すると次の一手が見えて、後はそこに全力を尽くすだけとなるのです。

 

問題解決におすすめなツール

 

f:id:yukihiro0201:20191014134326j:plain

 

僕は問題点をあぶり出して解決策を見出したいとき、「マインドマップ」をよく使います!!

「マインドマップ」とは、以下のようなものです。

 

f:id:yukihiro0201:20150623182331j:plain

 

これは実際に、僕がFXトレードで5連続ミスを犯したときに作ったものです。笑

Simplemind Free」という、無料のスマホアプリで作れますよ!!

 

f:id:yukihiro0201:20160515180507j:plain

 

僕がこれを、以下のような手順で作りました。

 

1. 問題を把握する(青のふきだし)

自分が今かかえている問題を中央に書く

 

2. 原因を探る(緑のふきだし)

その問題の原因として考えられるものを10個ひねり出す

 

3. 解決策を考える(黄のふきだし)

それぞれの原因に対しての解決策を3個ずつ考えてみる

 

つまり上記のマインドマップには、1つの問題に対して30個の解決策が書いてあるのです!!

 

解決策は複数考える

 

f:id:yukihiro0201:20191014134948j:plain

 

なぜ1つの問題を解決するのに、30もの解決策を考えるのでしょう??

それは、質より量が大事だからです!!

 

上記の悩みを解決する公式にも、「3. 解決策を複数考えてみる」とあります。

つまり、解決策を「複数」考えることが大切なのです。

アイデアは考えるな」という柳沢大輔さんの本にも、その重要性が書いてあります。

 

 

著者の柳沢さんは、「面白法人カヤック」という会社の代表取締役です。

この会社はサイコロを振って給料を決めたり、毎年100以上のサービスを世に出すことで有名になりました。

この本ではそんな会社の社長が、アイデアを出す具体的な方法を分かりやすく紹介しています。

 

柳沢さんいわく、多くの人はいきなり良いアイデアを出そうとしますが・・・

実際に良いアイデアを出す人は、その何倍も「良くないアイデア」を出しているとのこと!!

 

アイデアを1個しか思い浮かべない人と100個も書き出す人とでは、どちらが良いアイデアを出せるか聞くまでもないでしょう。

まずは、「良くないアイデア」をたくさん出すことから始めるべきなのです。

 

解決策のしぼり込み方

 

f:id:yukihiro0201:20191010021206j:plain

 

しかし30もの解決策をすべて実行しようと思ったら、とても大変です!!

したがって数を出したら、そこからしぼり込む作業が必要となってきます。

それは、以下の手順で行うと良いでしょう。

 

1. 似通った(重複した)解決策を消す

2. 実行が簡単なもののと難しいもので分ける

3. 効果が高いものと低いもので分ける

 

これらを実際にやってみます!!

 

下の図は、たくさんある解決策の中で似通っているものを消し・・・

「実行が簡単なもの」を右、「実行が難しいもの」を左に寄せたものです。

 

f:id:yukihiro0201:20150623182505j:plain

 

すると右側に、簡単に実行できるアイデアが集まりましたね!!

 

下の図は、そこからさらに手を加えて・・・

「効果の高いもの」を上、「効果の低いもの」を下に寄せたものです。

 

f:id:yukihiro0201:20150623182540j:plain

 

これで右上に、「簡単に実行できて効果の高い解決策」が集まりました!!

この右上に集まってきたアイデアを中心に、これから実行していくのです。

 

実際に行った解決策

 

f:id:yukihiro0201:20191010065136j:plain

 

僕は右上に集まってきたアイデアのうち、以下の3つを実際に行いました。

 

1. エントリーチェック表を作成しエントリー前に必ず確認する

2. 指値を設定するときにその金額を電卓でダブルチェックする

3. 1か月間はメイン手法のみを使って最低金額でトレードする


特に1の「エントリーチェック表」は、とてもうまく機能していますね。

これは、今でも愛用していますよ。

FXトレードでミスが多いとおなげきの人は、ぜひ作ってみてください!!

 

まとめ

 

FXトレードをしているとスランプにおちいって、損失がふくらむときが必ず出てきます。

そういったときはまず何が問題かを把握し、それに対する解決策を複数考えてみましょう。

問題の解決策を考えるときは、「マインドマップ」を使うと分かりやすいですよ!!

 

FXでよく読まれている記事3つ