トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







FXで聞く実需筋・投機筋って何?為替市場の参加者の種類と割合

f:id:yukihiro0201:20150907163718j:plain


FXトレードをしているとよく聞く、「実需筋」「投機筋」って何なのでしょうか??

今日は元銀行員でトレード歴10年以上の僕が、為替市場の参加者の種類やその割合についてお伝えしましょう!!

 

 

為替市場の参加者の種類

 

為替市場は世界最大の金融市場であり、多種多様な参加者がいます。

参考:トレンドフォロー(順張り)手法とは?FXの勝率を3倍にする方法

しかしその参加者を種類分けすると、大きく以下の2つに分けられるのです。

 

実需筋 

 

 

f:id:yukihiro0201:20190409110554p:plain

 

実需筋とは、お金を両替するために為替市場を使う人たちです!!

輸出入企業や商社、海外旅行者などが挙げられます。

 

たとえばトヨタなんか、国内より海外の方が売り上げが大きいので・・・

海外で稼いだお金を本社へ持って行くのに、米ドルを日本円に換えたりします。

そのときに為替市場を使って、お金を両替するのです。

 

取引分類 内容
実需 経常取引 貿易取引(モノの輸出入)
サービス取引(海外旅行、サービス取引)
所得(国境を越えた雇用所得、外国株式の配当)
資本取引 投資取引(海外への直接投資、海外証券への投資)

参考:外国為替の実需と投機

 

投機筋

 

f:id:yukihiro0201:20190411124529p:plain

 

投機筋とは、値動きで利益を上げるために為替市場を使う人たちです!!

銀行やヘッジファンド、個人トレーダーなどが挙げられます。

 

彼らは実際の通貨を必要とはしていませんが、収益を生み出すために取引をします。

投機筋はよく批判的な目で見られがちですが、為替市場の安定のためには必要不可欠です。

参考:専業FXトレーダーは世の中の役に立つ?実は世界を救う職業だ!

 

取引分類 内容
投機 資金取引 実需以外の為替取引(為替差益を狙った取引や為替ヘッジ)

参考:外国為替の実需と投機

 

実需筋と投機筋の割合

 

f:id:yukihiro0201:20190325143455j:plain

 

市場参加者の割合は、「実需筋:投機筋=1:9」ぐらいです!!

為替市場のビックプレイヤーは銀行や保険会社など、機関投資家となります。

 

 

したがって参加者の割合としては、実需筋より投機筋の方が圧倒的に多いですね。

日銀の出来高を見ても、スワップ(投機)がスポット(実需)の10倍近くとなっています。

 

f:id:yukihiro0201:20180830200932p:plain

参考:FXで出来高を見たい!為替の取引量を調べる方法4つとは?

 

実需筋の特徴

 

f:id:yukihiro0201:20190404114831p:plain

 

まず実需筋の動きとして覚えておきたいのは、「五十日(ごとうび)」です!!

「五十日」とは、5や10のつくキリの良い日のこと。

具体的には、5日・10日・15日・20日・25日・30日が挙げられます。

 

実需筋の企業(特に日系企業)は、この五十日に決済を行う傾向があります。

したがって五十日の朝10時ごろは、クロス円の取引が多くなるのです。

その結果としてその時間帯では、クロス円が一方向に動きやすくなります!!

 

ちなみに朝10時に取引が集中するのは、その時間に銀行の為替レートが決まるからです。

いわゆる、「仲値」というやつですね。

参考:仲値│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

 

実需筋の企業は、想定外の事態が起こることをイヤがります。

「なるべく、銀行の為替レートと近い価格で取引したい」

そんな企業の不要なリスクを避けたい思いから、その時間帯に取引が集中するのです。

 

あと決算が行われる「年度末」の前後も、実需筋の動きでレートが動きますね!!

たとえば3月は日系の企業や金融機関が外貨を円にする動きが出るので、円高になりやすいです。

また4月は投資信託会社や生命保険会社が新たな海外投資を行うので、円安方向になったりします。

 

それらについてくわしくは、下の記事にまとめているので読んでください。

参考:FXトレーダー必見!各月の為替アノマリーとその確率を教える

 

投機筋の特徴

 

f:id:yukihiro0201:20150907163718j:plain

 

次に投機筋ですが、彼らに「決まった動き」というのはありません。笑

それはファンダメンタルズ・テクニカル・ビックデータ・超高速取引など、様々な取引手法を用いてくるからです。

参考:個人FXトレーダーが、超高速取引業者(HFT)に負けない理由とは?

 

ただ一見バラバラに見える彼らの動きも、長期的にはファンダメンタルズの示す方向に収束していきます!!

したがって、日々のニュースを追いかけておくことはとても重要です。

参考:FXのファンダメンタル情報はどこ?ニュースを見るおすすめの方法

 

また彼らに共通して言えることは、「金利動向に敏感」ということ!!

銀行やヘッジファンドは、他人のお金を使って取引しています。

それはつまり、「いずれ利子を付けて返さねばならない」ということです。

 

彼らの取り扱う資金量はとても大きいので、利子が少し違うだけでも大きく損益に関係します。

したがって彼らは、金利の動きにとても反応するのです。

 

僕たち個人FXトレーダーとしては、各国の10年国債利回りを見ておけば良いでしょう!!

たとえばアメリカの10年国債利回りが、他国より上がるようであれば・・・

「投機筋のお金は米ドルに流れる」と、見ることができるのです。

 

ちなみに、各国の債券利回りを確認するにはInvesting.comが便利ですよ!!

 

f:id:yukihiro0201:20190414133657j:plain

参考:アメリカ 10年 債券利回り - Investing.com

 

1分足から月足まで、幅広くチャートを変えることができますし・・・

下の方には関連ニュースも出てくるので、値動きの背景もつかむことができます。

 

まとめ

 

為替市場の参加者は大きく、「実需筋」と「投機筋」の2つに分かれます。

市場参加者の割合は、「実需筋:投機筋=1:9」ぐらいです。

実需筋の動きでおさえておきたいのは「五十日」で、投機筋の動きを把握するには「金利動向」を見ておくと良いでしょう。

 

FXでよく読まれている記事3つ