トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







単純だから簡単!シンプルなFXライントレード手法を無料で公開

f:id:yukihiro0201:20150304140112j:plain

 

「簡単にマネできる、単純なFXトレードの手法がないかな~」とお探しのアナタへ。

FX歴10年以上の専業トレーダーが使っている、シンプルなライントレード手法を無料で公開します!!

 

 

ライントレード手法の解説

 

この手法は、以下3つの優位性から成り立っています。

 

1. トレンド

2. 水平ライン

3. トレンドライン

 

トレンドの確認

 

f:id:yukihiro0201:20151114151635j:plain

 

まずFXトレードを仕掛ける前提として、長期足でトレンドが出ているかを確認しましょう!!

トレンドが出ているかの判断は、3本の移動平均線で行います。 

 

移動平均線が短期(赤)→ 中期(黄)→ 長期(青)の順に並んだら、トレンド相場です!!

参考:ダウ理論より簡単!FXトレンド判断に使えるインジケーターは?

ちなみに僕は、20・50・100期間の移動平均線を使用しています。

 

上のチャートの場合、相場は上昇トレンドなので買いエントリーしか考えません。

 

2本のラインを引く

 

f:id:yukihiro0201:20150213165340p:plain

 

次に短期足にて、水平線とトレンドラインを引きましょう!!

 

買いエントリーの場合、まず直近の高値に水平線を引きます。

そして安値同士をむすぶように、トレンドラインを引くのです。

参考:FXで押し目買い・戻り売りのタイミングを簡単に見極める方法5つ

 

ちなみに、長期足と短期足の組み合わせですが・・・

僕は以下2つの組み合わせで、チャートを見ています!!

 

・1時間足 ⇔ 15分足

・4時間足 ⇔ 1時間足

参考:FXの環境認識方法って実は簡単!見るべきたった2つのものとは?

 

たとえば15分足にラインを引いて、エントリーを考えるなら・・・

1時間足の移動平均線で、トレンドを確認するという感じです。

 

エントリーとイグジット

 

f:id:yukihiro0201:20150213165800p:plain


最後に、2つのラインの交点付近で反発を確認したらエントリーしましょう!!

買いエントリーの場合、陽線が出たら反発したと判断します。

 

そしてエントリー後は、水平ラインの5pips下に損切りを設定します。

利食い幅は、損切り幅と同じです。

 

下方向へのエントリーの場合は、全て逆に考えてください。

 

ワンポイント・アドバイス

 

f:id:yukihiro0201:20190103114411p:plain


僕のこの手法は「移動平均線」と「ライン」という、FXトレードの基本技術のみで構成されています。

これらは相場に参加している多くの人が使用しており、昔からその有効性は揺らいでいません!!

 

こういうシンプルかつ基本的なFX手法が、実は一番強いです。

参考:FX手法のトレードルールをもっとシンプルに考えるべき理由3つ

 

さらに為替の板情報などもあわせて活用すれば、勝率は上がるでしょう。

参考:気配値はいくら?FXで為替の板情報(オーダー状況)を見る方法3つ

 

機能しやすい相場環境

 

f:id:yukihiro0201:20190204190817p:plain

 

このFXライントレード手法は、特に機能しやすい局面があります。

それは、レンジを抜けた直後です!!

いわゆる、「ブレイクアウト」というやつですね。

 

レンジを抜けた直後は、その方向へ値が大きく動く傾向にあります。

なぜなら相場の値動きには、「拡大と縮小を繰り返す」という性質があるからです。

参考:FXのボラティリティとは?値動きを測るインジケーターまとめ

 

つまりレンジを抜けた直後に、その方向へ乗っかれば・・・

相場の値動きが拡大する勢いを、味方につけることができます!!

それによって逆行に合いづらくなり、利食いで終わる可能性が上がるのです。

 

具体的には、下図の赤丸部分のようなところでエントリーすると良いでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20150215154552p:plain

 

ちなみにこういうところでエントリーできたら、「利食い幅を広げる」といった戦略もアリです!!

値は大きく伸びる傾向にあるので、ちょっと欲張っても問題ありません。

 

分割決済を取り入れて、2段階で利食いするというのも良い戦略でしょう。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を50%増やす方法とは?

 

あとレンジ抜け直後のエントリーで覚えておくべきことは、下の記事にまとめています。

参考:FXブレイクアウト手法に最適!高勝率なレンジブレイクの形は?

この記事に書いてある点も計算に入れながら、利食い幅やポジション量を調整できるようになると強いです。

 

機能しにくい相場環境

 

f:id:yukihiro0201:20190201145108p:plain

 

このFXライントレード手法には、機能しにくい局面もあります。

それは、レンジの中です!!

 

この手法は、トレンドを味方につけることで勝率を上げています。

言い換えれば、トレンドがあってはじめて機能する手法です!!

そのために、3本の移動平均線を使ったトレンド確認の作業があります。

 

しかしこの作業だけでは、完全にレンジを避けられません。

例として、下のチャートを見てください。

 

f:id:yukihiro0201:20150214142455p:plain

 

3本の移動平均線を見ると、短期(赤)→ 中期(黄)→ 長期(青)の順になっています。

なので、トレンドが出ていると判断できそうです。

 

しかし実際には点線で示したように、レンジ相場となっています!!

なのでこの中でFXトレードすると、失敗に終わる可能性が高いです。

 

つまり僕の手法を使うには長期足・短期足に限らず、レンジに入っていないかをチャートの形から判断する必要があります。

レンジはチャートの形から明らかに分かるので、慣れれば簡単に判断できますよ。

 

もし判断が難しいという人は、下の記事を参考にしてみてください。

参考:レンジ相場の簡単な見極め方は?FXでレンジを判断する方法3つ

 

ちなみに、レンジの中でも唯一エントリーできるポイントがあります。

それは、レンジの上限・下限からの反発時です!!

先ほどのチャートで言うと、丸で囲った部分ならエントリーしても良いでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20150214143038p:plain

 

なぜここではエントリー可能かというと、以下2点の優位性からです。

 

・レンジになるまでは上昇トレンドだったので、価格は上がる可能性の方が高い

・2つの矢印で示したところからレンジの下限であることが確認でき、ここから上に反発する可能性が高い

参考:FXトレンドフォロー(順張り)手法に最高のエントリーポイント4つ

 

しかしながら、レンジの上限・下限を正確に見極めることは難しいです。

したがってこのFXトレードは、通常のやり方よりも難易度が上がります。

僕はよほど分かりやすいレンジでない限り、このFXトレードはやりません。

 

追記:この手法を改良

 

f:id:yukihiro0201:20190204191203p:plain

 

このFXライントレード手法を使うようになってから、3年近くになります。

その間に、いくつかの改善を行いました!!

主な改良点は、以下の2つです。

 

1. 移動平均線の期間設定

2. トレンドラインの使用

 

ではそれぞれについて、くわしく見ていきましょう!!

 

1. 移動平均線の期間設定

 

f:id:yukihiro0201:20151114151635j:plain

 

ぼくはこれまで、移動平均線の期間設定を「20・50・100」としてきましたが・・・

それを、「21・55・89」としました!!


この変化による効果は、正直よく分かりません。笑

「フィボナッチ数の方が良いかな~」という、気分の問題ですね。

参考:移動平均線の期間設定など!FXでのフィボナッチの使い方3つは?

 

2. トレンドラインの使用

 

f:id:yukihiro0201:20190710100624j:plain

 

トレンドラインの使用はやめ、代わりに21期間移動平均線を使うことにしました!!

水平ラインと21期間移動平均線が交わるところで、反発したときにエントリーです。

 

この短期移動平均線の反発でエントリーする手法は、以前紹介した「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」という本で紹介されています。

参考:FXデイトレードのおすすめ本12選!100冊以上の書籍から厳選した

 

 

この本の著者である、リンダ・ブラッドフォード・ラシュキは・・・

21期間移動平均線の反発を取る手法を「聖杯」と呼ぶほど、その正確性に自信を持っています。

 

21期間移動平均線を使った方が、自分が引いたトレンドラインよりも精度が高いです。

トレンドラインは引く人によって位置がちょっと変わりますが、移動平均線はみんな同じですもんね。

また色々と考えてトレンドラインを引く手間も省けるので、まさに一石二鳥!!

 

自分向けにカスタマイズしよう

 

f:id:yukihiro0201:20190113111658p:plain

 

このFXライントレード手法をそのままマネしても、利益を出せるとは限りません。

大切なことは、自分向けにカスタマイズすることです!!

 

まずはこの手法をそのまま、何もルールを変えずに使ってみましょう。

少なくとも50回はそれでみて、その結果を細かく記録するのです。

参考:FX売買記録の書き方!トレードノートに残すべき10の項目とは?

 

この作業を行うのに、FX会社が提供しているデモトレードシステムを使っても良いですが・・・

検証ソフトを使った方が早くデータを取れて、分析もしやすいでしょう。

 

ちなみに僕は、「Forex Tester 3」という検証ソフトを使っています!!

(ページ右上から日本語に変更することが可能です)

一番有名なFX検証ソフトなので、色々な書籍やネット上にその使用法や活用術が載っていますよ。

 

次に記録したトレードを「勝ち」と「負け」に分け、それぞれのトレードにおける共通点を洗い出しましょう。

そしてそれらの共通点から「どうトレードルールを変更したら、より勝てる手法になるのか」を考えるのです!!

 

そうやって改善した手法で、再び50回以上トレードしてみます。

それを前回のトレード結果と比べて、勝率などの数値が改善されているか確認するのです。

これを繰り返すことで、より良い手法を作り上げていきます。

 

この検証作業のやり方については、下の記事にくわしく書いているので参考にしてください。

参考:初心者必見!バックテストのやり方と検証結果から手法を作る方法

 

前回とまったく同じ期間のチャートで検証を行えば、正しい改善結果を得られます。

そういった面から言っても、過去にさかのぼってトレードができる「Forex Tester 3」を使った方が良いですよ。

 

読者の皆さんが自分の手法を確立する上で、この記事が参考になればうれしいです!!

 

FXでよく読まれている記事3つ