トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!







貯金大好きな君ヘ!日本人が貯蓄好きになった悲しい理由とは?

f:id:yukihiro0201:20150115200511j:plain

 

日本人がなぜ貯金大好きな国民になったのか、あなたは知っていますか??

今日は日本人が貯蓄好きになってしまった悲しい理由を、元銀行員の金融トレーダーが説明します!!

 

 

貯金は間違い

 

f:id:yukihiro0201:20170510193657j:plain

 

あなたは銀行に預けているお金のことを、「貯金」と言っていませんか??

実はそれ、厳密に言うと間違いです!!

正しくは、「預金」と言います。

 

これは預け入れる金融機関によって、以下のように呼び方が違うのです。

 

貯金:郵便局(現ゆうちょ銀行)

預金:銀行や信用金庫など

 

では、なぜみんな「預金」と言わず「貯金」と言うのでしょうか??

それは昔、郵便局で「貯金」をすることを強制されていたからです!!

 

日本人が貯金大好きな理由

 

f:id:yukihiro0201:20191226103146j:plain

 

多くの人が持っている「貯金は美徳」という価値観は、昔の日本政府によって作られたものです!!

堀江貴文さんの著書「ゼロ」には、以下のように書いてあります。

 

 

郵便貯金が国民に広く普及していったのは、日本が太平洋戦争へ突入していく昭和10年代のこと。

戦費調達に困った政府が「国民貯蓄組合法」を昭和16年に作り、国民に郵便貯金を強制させるようになる。

こうして集められた国民のお金が国債の償還や軍需産業への融資に充てられた。

 

太平洋戦争にかかる費用に困った日本政府が・・・

「家は焼けても貯金は焼けぬ」をスローガンに、国家的な郵便貯金の奨励を行いました!!

その結果として、日本人は「貯金大好き民族」になってしまったのです。

 

個人金融資産はGDPの3倍に

 

f:id:yukihiro0201:20170414184341j:plain

 

今の日本人は、どんなに金利が低くても貯金をするため・・・

個人金融資産がGDPの3倍にも達するような、異例事態になっています!!

 

日銀が9月20日に発表した2018年6月末の資金循環統計(速報)によると、個人金融資産残高は1,848兆円となり、GDP(国内総生産)の3倍以上という水準に達しています。

しかし日本の個人金融資産は依然として52.5%が現金・預金で、株式・投資信託は14.9%。

これに対して米国はそれぞれ13.1%と48.0%というまったく逆の資産構成比で、これは過去20年以上ほとんど変わっていません。

参考:伸びが鈍い日本の個人金融資産、4,000兆円を目指すのには何が必要か

 

そして日本国民は「超低金利」という形で、受けるべき利息を銀行に奪われ続けてきました。

銀行がそのお金で国債を買い、日本の財政を支えるという仕組みができ上がったのです。

参考:弟が家賃を3か月滞納…若者は自分で稼がないと死んじゃう理由とは?

 

まあ最近は日銀まで国債を買うようになったので、銀行はめちゃくちゃ困っていますが。笑

買える国債がなくなっており、しかも金利はマイナスかゼロ近くなので儲かっていません。

「お金を企業に貸し出して応援する」という本来の仕事をしてこなかった銀行は、今後なくなっていくでしょうね。

 

貯金より自己投資

 

f:id:yukihiro0201:20160315164156j:plain

 

僕は個人的に、お金は自分に投資をするのが一番良いと考えています。

たとえば本を買ったり、旅に出たりするのにお金を使うのです!!

参考:お金を稼ぐのに一番大切なことが学べるのが旅と読書である理由とは?

 

「お金」という形で残しておく限り、なくなる可能性が常に付きまといます。

しかしそれを「知識」や「経験」という形に変えてしまえば、一生自分の中に残り続けるのです!!

 

貯金がいくらあっても、将来の不安がなくなることはありません。

しかし知識を蓄えて、未来の見通しやそれに対処する方法が分かるようになれば・・・

恐れがなくなるどころか、時代の変化を楽しめるようになります。

 

貯金より投資

 

f:id:yukihiro0201:20191220102836j:plain

 

しかし人によっては、「まとまったお金を持っておいた方が安心」という方はいるでしょう。

どうしてもお金を持っておきたいなら、「投資」という形で置いておきましょう!!

 

投資をしたことのない初心者の方なら、ウェルスナビがおすすめですね。

あなたに合った形の投資を自動で行ってくれ、必要な時にはいつでもお金を引き出すことができます。

参考:WealthNavi(ウェルスナビ)の使い方は?リスク許容度や運用プラン

 

投資ならば貯金と違って、国や銀行に富を奪われることはありません!!

また投資に使ったお金はめぐりめぐって、世の中のためになるのです。

 

 

まとめ

 

今も多くの人が持っている「貯金は美徳」という価値観は、昔の日本政府によって作られたものです。

そして日本国民は「超低金利」という形で、受けるべき利息を銀行に奪われ続けてきました。

これからは貯金をするのではなく、そのお金を自己投資に回したり投資を始めたりしましょう。

 

投資でよく読まれている記事3つ